スポンサーサイト

ブログランキングへのリンクです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--(--) スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ともぴょんの投資姿勢(2)

ブログランキングへのリンクです。


(06) 2004 ~ 2006

日本の金融危機からの立ち直り局面で株価は中期上昇波動を描いておりました。そのため適度に分散投資を行う事で安定的な利益を計上する事が出来た時期です。

しかし、資源株を中心に株価のピークアウトを肌で感じるようになりましたので、日本株投資から一時撤収ししばらくの間様子を見守る事に致しました。

そうする事で困ってしまったのが多額な住宅ローンの負担です。5.1%のローン金利の負担は相当大きかったのです。世間では低金利の住宅ローンに借り換えをするのが流行っておりましたが、私の場合は会社員として安定的な収入があるわけではありませんのでそのような芸当は無理でした。

そこで、考え抜いた結果、思い切って住宅ローンを完済する道を選びました。そうした事で住宅ローンに追われる生活からは解放されたのですが、せっかくITバブル崩壊の大ダメージからコツコツ増やした投資資金の大部分をローン返済に回す事になりました。

残った投資資金で生活が出来るのかとても不安な時期でありましたね。

(07) 2007~

このブログを何となく立ち上げた時期です。残存資金をフル活用して生活費を稼いでおりました。それまでは、ほとんど現物取引しか行っていなかったのですが、投資資金が少ないためやむなく信用取引も併用致しました。

信用取引を使い出したため、一瞬の油断が全投資資金を失う結果になるため、投資対象銘柄はより慎重になり、信用取引分については厳しいロスカットルールを適用致しました。

また、一年中市場に参加するのではなく勝てそうだと感じた時期だけピンポイントで参加致しました。私は、日本売りだと感じてしまう空売りは基本的に嫌いで実践しないのです。

(08) 2008~

何とか生活を続けられる程度に市場に参加してチャンスをずっと待ち続けていたところ、リーマンショックが発生して市場は大暴落致しました。

ようやく待ちに待った大チャンスが到来したと判断し、緊急時資金まで投入してファンダメンタルが良好な銘柄を中心に全力買いに入りました。

その結果、複数の銘柄で直近の最安値を拾う事ができまして、ようやく投資資金が回復に向かいました。やれやれ生活が破たんしなくて良かったです。

その後、昨年3月の東日本大震災の発生直前までコツコツと分散投資を行いながら投資資金を積み増して参りましたが、まったく現金を持っていない状態で大震災が発生致しましたのでその後の暴落で大変な目にあってしまいました。

幸い、その後一時的に大きくリバウンドした際に全投資資金を逃がす事が出来ましたのでその後、復興予算が本格的に決まる時期を見極めて昨年11月からまたほぼ全力投資状態に戻っております。

しかしながら、大規模な余震が発生するとまた震災直後の状態になってしまう可能性がありますので、今年に入り利益確定売りした資金を20%程度余力として残して置くように致しております。

本日現在日本株82%、現金18%の状態です。



FXの方は日本株一辺倒の芸の幅を広げようと2010年度に主に行いましたが、FXをやると夜でも深夜でも朝方でも取引が出来てしまうため慢性的な睡眠不足に陥るようになってしまいました。

そのため、現在では日本株投資の方を最優先し、FXを併用しないと生活できないような事態にならない限りはしばらくの間健康のために控える事に致しております。



2012/04/03(火) 私の投資姿勢 トラックバック:- コメント:0













管理者にだけ公開する

<< デイトレードを辞めた理由 | HOME | ともぴょんの投資姿勢(1) >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。