スポンサーサイト

ブログランキングへのリンクです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--(--) スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

エルピーダの会社更生法申請により

ブログランキングへのリンクです。


エルピーダの会社更生法申請は私にはやや意外でした。業績が低迷しているのは分かっておりましたし資金繰りがとても苦しいのも周知の通りでしたが最終的にはお国がつぶさないのかなと漠然と思っておりました。

日航の時のように一度倒産させて負債を整理してやり直す方式となりそうですが、この場合投資家にとっては株主責任を取らされるわけなので今後、近隣諸国の競争に負けそうな業界の銘柄には手を出しつらくなってしまいました。

エルピーダは数年前に国からの支援を受けた際に一時ホールド致しておりました。その後の上昇で利益を確定した後はたまに株価を眺める程度で直接ここを購入した事はなかったのですが、つい最近、関連会社のテラプローブの上場後の下げっぷりに惹かれて購入しておりました。

その後、エルピーダの経営不安話が出て株価がぐーんと下がった際に恐れおののいてほとんどトントンで外したところでした。その後、昨日まで株価はすいすいと上昇しておりましたので失敗したかなぁと思っていたのですがこうなってしまっては売っておいて良かったです。



さて今回の状況により、保有株の中から半導体、液晶関連株を全て外す事に致しました。エルピーダショックで関連銘柄が全面安の日にわざわざ外す事もなかろうかと思うのですがはっきり心に決めた時に動くのが我がポリシーなのです。

テセック、ミライアル、綜研化学、伯東を完全撤収致しました。

いずれの銘柄も財務が良好で業績回復期をしっかり待てると判断して中期で保有しようと思っていた銘柄群です。テセックは回復期の株価の上昇率がとても高いので将来的楽しみにしておりましたし、ミライアルは保有金融資産が潤沢でSUMCOの影響で株価が低迷しているだけでしたし、綜研化学は液晶テレビの低迷の影響を大きく受けておりましたがエコポイント終了の反動の超低迷期を耐えればその後はまた復活するかと思ってました。

伯東は20世紀の頃から何十回と投資していた銘柄なので何となく愛着がありました。



さて、売却資金で何かを組み入れようにも全体的に株価が底上げされていて新規買いしたい銘柄がなかなか見当たりませんね。数日前であれば動き出してきたヴィレッジバンガードの追撃買いもできたのですが既に大量に保有しておりますのでここから買い増しするのも何ですし。

とりあえずは待機させて次の全体的な押し目待ちで乗る事になりそうです。しかし今年は押し目待ちに押し目なしでするすると底上げされていきそうな気も致します。

株式投資を続けてもう20年ぐらいになりますが、今年は上がるって予感を肌で感じるのですよね。深い根拠はないのですが、直近の日本株の高値である2006年から6年近く下がったわけですのでそろそろ下げも限界だったと思うのです。

さて頑張って出遅れ銘柄を探すと致しましょう。まぁ、お腹一杯保有しているとそれはそれでこんな時に大きな余震が発生したらどうしようかと思うのですけど。



2012/02/28(火) 株式投資日記 トラックバック:- コメント:0













管理者にだけ公開する

<< 2012年3月のポートフォリオ | HOME | 2012年2月の株式ポートフォリオ >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。