FC2ブログ

スポンサーサイト

ブログランキングへのリンクです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--(--) スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2010年3月現在の持ち株ポートフォリオその1

ブログランキングへのリンクです。


2010年3月現在のポートフォリオその1(保有総額順)

(01)3258 常和HD 

おそらく大株主の売りがじわじわと続いているように感じます。増資に関わっていたみずほの副社長がここの社長に就任した事でこの銘柄も増資イメージが連想されちゃいますね。そう言えば自己資本比率を20%ぐらいにしたいとどこかで聞いたような記憶もあります。

しかしながら割安ではあると思います。株主優待により個人株主数が増えれば東証1部に鞍替えして流れも変化すると考えてます。典型的な高配当をもらいながらじっくり待つ銘柄。

リスク要因としては、四季報で来期現状維持~増配イメージとなってますので、上場記念配当を落とした水準に決定すると予想配当利回りが下がって下落するかもしれないですね。

前社長は配当性向を30%と言ってましたが、交代したのでどうなるか?

(02) 6834 精工技研

いつの日か動く事を信じてめげずに持続中、ずっとポートフォリオ中1位の保有総額を維持しておりましたが、常和ホールディングスをせっせと拾っている間に2位に転落しました。

ここはブルーレイの時代がこないと動けませんね。ディスクの時代が終わる前にブルーレイが一瞬でも普及してもらいたいものです。ここは財務が良好で時価総額以上の金融資産を有しているのが心の支えでしょうか?

泣くまで待とうホトトギス状態となってます。

(03) 4725 CAC

ここに限らず情報産業系の銘柄はどれも株価水準が安いです。企業のIT投資が冷え込んでいるのが理由でしょう。ここはその中でも比較的業績が安定しており、また財務が盤石です。

高利回りの配当をもらいながらじっくり待ちます。


(04) 5566 中央電気工業

二次電池関連銘柄として期待致しております。トヨタショックの影響なのか年初から株価を下げておりましたがここにきてようやく切り返しを見せております。

(05) 4641 アルプス技研

年初は9744メイテックの方をせっせと集めておりましたがどこかの証券会社のレーティング上げによりストップ高した日があり、その日に一時全部利食いした後、なかなかタイミング良く買い戻せないまま結局置いて行かれてしまいました。

そんな事情もあり現在ではアルプス技研に乗り換えております。今期見通しが強気でまた大幅増配予想なのですが、下期偏重の見通しのため配当利回りを好感した買いはまだあまりないようです。中間配当がないので慌てて買う必要もないのでしょうね。

とは言え、同業他社の株価が堅調なのでじわじわ上がる展開を予想しております。まぁ、今後の株価は稼働率次第なのでしょう。

(06) 8904 サンヨーハウジング名古屋

不動産系の企業は個人的には一戸建て住宅系の方に投資妙味があると考えてます。マンション系は既に飽和状態で人口減少の時代にリスクを感じますが、一戸建て系はエコ住宅の切り口でもうひと花咲かせる時期がありそうです。

配当+優待利回りが高いのでこのまま放置するつもりです。猫も杓子もエコ住宅の状況になるまで持続するのも良いですね。

(07) 2185シイエムシイ

トヨタ向けの修理書とか取扱説明書を製作している企業です。低PER、高財務企業なので将来的にはさらなる増配余地があると考えておりますが、足元はトヨタショックの影響をもろに受けて、値引き要請等で業績がさらに悪くなるような気がしてます。

トヨタ以外のメーカーとの取引が活発になれば面白い。ペーパーレスの時代に紙を扱う企業に投資をする事に不安がないわけでもないのですが、なんだかんだと言ってマニュアル類はあと10年は紙のまま残るように思ってます。

故障した車の中で電源も使えない状況の時にディスクだけあってもねぇ・・・


(08) 3817 SRAホールディング

足元の業績はあまり良くないのですが、同業他社と同様に株価水準も低いです。財務が良いのでよほどの事がなければ減配されないと思うので、現状の高配当利回りを享受しつつ、いつの日か業績が回復するのを期待してます。

(09) 3143 オーウィル

サマーストック銘柄、昨年は冷夏だったために今年度の業績は芳しくなかったようです。猛暑になれば株価も上がります。そうでなくても夏が近づけばある程度は上がるでしょう。

売上規模の割に買掛金が大きいので自己資本比率が低いですね。つまり主要取引先がこけるとやばいと言う事ですね。

でも飲料水なのでとてもディフェンシブなのではないでしょうか?

予想配当利回り水準も6%と高いのが魅力です。

(10) 4636 T&KTOKA

精工技研同様にこちらも投資期間が長いです。でもこの銘柄は株価がそれなりに動くのでこれまでに何度も利益確定を致しております。取り扱っているUVインクは中期的に伸びる分野だと考えており、転がしながらも中期で取り組みたい銘柄ですね。

今後、高成長となりそうなインドネシアに拠点を構えているのも気に入ってます。



2010/03/11(木) ポートフォリオ トラックバック:- コメント:0













管理者にだけ公開する

<< 2010年3月現在のポートフォリオその2 | HOME | 私の株式ポートフォリオ(2010年2月) >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。