FC2ブログ

スポンサーサイト

ブログランキングへのリンクです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--(--) スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

シンジケートローンによる資金調達が成功した不動産株は買い

ブログランキングへのリンクです。


底値からは随分と上昇してしまいましたが、各不動産株はまだまだ大底圏と言っても良いでしょう。

ここ一年で数多くの関連銘柄が倒産してしまいましたのでまだまだ腰の入った本格的な買いは入っていないと思います。

私は底値圏で仕込みましたので現在、中期砂糖漬けの状態となりつつあります。24000円台で購入したリサパートナーズ(8924)は既に60%の含み益です。

それでも、まだまだ上げの1合目ぐらいじゃないかと思ってます。休む事なく日々急騰を続けておりますのでなかなか押し目らしい押し目がなく、買い増しできないでいます。

現在は、倒産懸念株価からの脱却の時期であると考えられます。

完全に危機が去ったわけではありませんので、いきなり妥当株価にまでリバウンドするとも思わないのですが、おそらく国策の効果を期待して生き残り組の方はリーマンショックで下落した分を埋める展開になると期待しております。

生き残り組を拾っておけばまだまだ取れる段階だと思います。では、生き残り組をどうやって見分ければ良いのでしょうか?

私はシンジケートローンで長期資金を調達できた企業が生き残り組であると判断しております。

シンジケートローンに参加している主要銀行は参加するにあたって大丈夫かどうか事前にしっかり審査しているはずです。

この貸し渋りのご時世に融資を行うわけですから銀行さんがそれなりに大丈夫だと判断しているだろうと思うわけです。

私がリサパートナーズに自信を持っているのもそのためですね。

あとは万が一を考えて分散しておく事だと思います。最終的には生き残った銘柄だけで現在の投資資金を大きく上回るリターンがきっと得られると思います。



持ち株(J-REIT含む)

双日(2768)
コーエーテクモ(3635)
ケネディクス(4321)
THK(6481)
国際計測(7722)
クレシェンド(8966)
リサパートナーズ(8972)
ケネディクス不動産投資法人(8972)
ジャパンホテルアンドリゾート投資法人(8981)

GC注記の付いているケネディクスを組み入れてます。理由はシンジケートローンによる資金調達に成功したからです。

ただし、リサパートナーズが返済期限3年に対し、ケネディクスの方は1年3ヶ月なので宝くじ程度だけ買ってます。



2009/04/01(水) 株式投資日記 トラックバック:- コメント:-


<< ニューシティレジデンス破綻後の買いは宝くじ当選となりました | HOME | J-REITがいよいよ動き出しますね >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。