FC2ブログ

スポンサーサイト

ブログランキングへのリンクです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--(--) スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

J-REITがいよいよ動き出しますね

ブログランキングへのリンクです。


ここ一ヶ月の間に私の持ち株ポートフォリオが大きく変動致しましたので久しぶりに書こうかと思います。

年初から3月にかけての主力持ち株はハイテク、環境、資源関連銘柄、そしてJ-REITでした。

このうち、J-REIT以外の銘柄はここ2週間ばかりの間に随分と急騰してしまいました。平均で底値から40%程度上昇致しましたので迷いましたが一度利益を確定致しました。

現在はJ-REIT中心の偏ったポジションとなっております。

完全に国策待ちの先回り、待ち伏せ買いだったわけですが、ようやく本日動き出したようです。ここまでじっと我慢していて良かったです。

2003年の金融危機の時にはメガバンクが叩き売られ、みずほHDを5万円前後(現在換算で50円)で拾った記憶がありますが、その後の立ち直りで株価は10倍以上になりました。

あの時はメガバンクといえども破綻するかも知れないと言われていたので倒産価格付近まで叩き売られました。

そして、今回は不動産関連銘柄が同様の状態となっておりますね。実際に数多くの関連銘柄が破たん致しましたので見るも無残な株価にまで叩き売られてしまいました。

しかし、そんな流れも一巡したかのようにようやく株価は底打ち反転の兆しを見せているようです。
個人的にはそろそろ買い場ではないかと判断しています。

仮に運悪く1つ、2つ被弾したとしましても生き残った銘柄はそれ以上に将来上昇する可能性があると見ております。

◆ 現在の持ち株

双日(2768)

いまいちパフォーマンスが悪いので持続中です。つまり利食い出来なかったって事です。
110円割れの水準で買い増しした事もあり含み損は解消しています。

セプテーニ(4293)

これはやや長い目で少しずつ買い増ししています。

THK(6481)

他の機械、半導体銘柄と比較してまだそれほど上昇していないので一度利益確定した後再度買い戻してしまいました。

国際計測(7722)

これは、すっかり長期モードで放置状態です。自動車産業が本格的に立ち直る時期に驚くべき配当利回りになる事でしょう。(金融危機になる前の中期経営計画ではそうなってました。)

リサパートナーズ(8924)

宝くじ感覚で5倍高狙いで24000円以下の水準でコツコツ買い増しを続けておりました。本来、不景気の時期に活躍する銘柄であり、唯一の不安は資金繰りだったわけですが、先日のNEC系企業に対する第三者割当増資により、その不安が後退してさらに買い進みました。

昨日、シンジケートローンによる資金調達が発表されまして、そのメンバーの中にはメガバンクとか日本政策投資銀行等が含まれており、これで私の中では不安が完全に消えました。

本日、さらに買い増しをしようと思っていたのですが、REIT系の材料が同時に出てしまったために買いが殺到して買い増しが出来ませんでした。

これは保有分を鬼ホールドし続けるしかないのでしょうね。この銘柄でインサイトを購入する予定です。(トラタヌモード)

クレッシェンド投資法人(8966)

有利子負債比率(LTV)の低いDAオフィース投資法人をもともと購入していたのですが、DAオフィースのメインポートフォリオである新宿マインズタワーで大口の退去が発生する事を知り、こちらに資金を移動しました。

このご時世に退去は充分あり得る話だったのですが、政府系の優良顧客がお引っ越しされるようなので銘柄移動したくなりました。

クレッシェンドは同じ5月配当銘柄なんです。投資法人債を発行している点でリファイナンスに少々不安があります。でも国策で大丈夫だと感じてます。

また、借り換え時期はもうちょっと先なので配当月までは問題ないでしょう。本日の日経朝刊1面のネタにより、借り換え不安があまりないDAよりもこちらの方がかえって上昇率が高くなりました。

ケネディクス不動産投資法人(8972)

他の中堅REITはここ数日そこそこ上昇していたのですがこちらは軟調でした。期末売りを意識した大口の売り手が毎日いた事と、親会社の資金繰り懸念によるものでしょう。

でも、そのため、非常に高利回りの状態で放置されておりましたので下値をせっせと拾ってます。私のポートフォリオの中では一番持ち分が多いです。

ジャパンホテル&リゾート投資法人(8981)

この銘柄はリゾートホテル系のリート銘柄ですので、すっかり蚊帳の外となっておりました。不景気により全国各地のホテルが苦戦しているとニュースが流れているため物色されにくい状態ですね。

でも、J-REITは基本的に各物件の稼働率を毎月公開してますので実際はどうなのかこまめにチェックする事が可能です。私の見ている限りでは今のところそれほど悪い稼働率にはなっていないようです。

そんなわけで、すっかり長期配当頂きモードになってますが、本日は他のリート銘柄が一斉に噴いた事もありまして、この銘柄も久しぶりに上昇致しました。

今朝の安いところで一気に買い増しをしたため現在2番目に持ち高が多いです。

コーエー(9654)

合併により上場廃止期間中です。高配当に釣られて800円以下をこつこつ買い下がり、そのまま持続してます。

スクエニとか急騰したので再上場したら上がりそうですね。



とりあえず、J-REIT支援がまやかしに終わらない事を祈りつつじばらく持続します。ハイテクは一度調整してくれないと買えないですね。



2009/03/27(金) 株式投資日記 トラックバック:- コメント:-


<< シンジケートローンによる資金調達が成功した不動産株は買い | HOME | あれだけ含み益があったのに・・・・ >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。