FC2ブログ

スポンサーサイト

ブログランキングへのリンクです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--(--) スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

米サブプライム問題はまだまだ続く

ブログランキングへのリンクです。


ここ数日、じたばたしていた株式市場も久しぶりに反発したようですね。ですが、あくまでも売りの買い戻しによる限定的な反発かと思われます。

今、ポジションが軽い方は無理に参加しなくても良いでしょう。今後も米サブプライム問題に関して、楽観的な発言が出れば上がり、悲観的な話題が出れば下がり、今後も発言に振り回される形でアップダウンを続けつつも静かに株価水準そのものは下がると感じてます。

日本の平均株価は現在1万6千円ぐらいですが、これは良くもなし、悪くもなしと言った平均的な状況であると言えます。割高感も割安感もあまり感じませんので買いも売りも仕掛ける気持ちになれないわけです。

日銭を稼がないといけなかった頃はそんな事も言ってられませんでしたので今日のように大台を割れたタイミングで突撃買い~なんてやっていたと思います。

その頃に比べると今の生活はすっかり安定しておりまして、昔のようにどんな時でも取ってやるぞーってハングリー精神が今の自分に欠けておりますね。

株式投資を続けてかれこれ20年近くになりましたが、忙しくやっている時期もあれば、現在のようにまったりやっている時期もあるわけです。なんかこう、情熱が戻ってくるような面白い市場になると良いのですがね。

今の状況を客観的にどう考えているかと申しますと、まだまだ時間がかかりますが、現在、さらに下げ続けている新興市場株が底這いになる日をお茶でも飲みながら待っているわけです。

現在の新興市場株は1996~7年頃の状況と似ております。買って長い間放置しておけばとれるのですが、下がり切るまでにも今しばらく時間がかかるため、やはりお茶を飲みながらまったり待つのが良策かと考えているわけです。

その間、ドルでもリラでもいじっていようかなと思っているわけです。

新興市場株の人気がさらに離散して、新興市場の統合が噂されるぐらいになれば買い時だと思うのですが、まぁあせらないあせらない。



2007/09/06(木) 株式投資日記 トラックバック:- コメント:0













管理者にだけ公開する

<< 日経平均16000円を意識した週末 | HOME | 米サブプライム問題は落ち着くのでしょうか >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。