スポンサーサイト

ブログランキングへのリンクです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--(--) スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

保証金取引とは何ぞや

ブログランキングへのリンクです。


FXと外貨預金がハッキリ違う点はFXが保証金取引である事です。

保証金取引とは、株式投資で言うところの信用取引に似ています。(金利面で異なります)

100万円分の外貨に交換する際に外貨預金の場合は100万円必要です。

ところがFXの場合はもっと少ない資金(5万円、10万円)で100万円分の外貨を購入する事ができてしまうのです。この点がFXが気軽に始められる点であり、また、ハイリスクと呼ばれる所以にもなっています。

100万円分の外貨が為替差益により120万円分の価値になった場合、外貨預金の場合は100万円の元本に対して20万円の利益です。

つまり20%の利回りとなるわけです。

ところがFXで5万円で100万円分の外貨を購入していた場合、5万円で20万円の利益を得られる事になります。

つまり投資元本に対し400%の利回りになるわけです。これがFXの人気の秘密であり、また○億円も脱税する主婦が誕生してしまう理由にもなるわけです。

ただし、投資に失敗すれば、ひどい結果になります。外貨預金の場合、為替差損で目減りする事はあっても全額失う事はその国がクーデターでひっくり返りでもしない限りはないでしょう。

しかしFXの場合、なくなってしまう場合があります。ですからハイリスクだと思われているわけです。

ただし、大きな誤解もあると思います。

FXの場合、リスクは自分自身でコントロール可能です。

5万円で100万円分の外貨を獲得した場合、失敗して5万円全額失ったとしても金額にすればたかだか5万円の損です。

率にすればすごいですが、金額にすれば、PS3を壊してしまった程度の損害です。


ところが100万円で5000万円分の外貨を購入していた場合は100万円を失うわけですよね。こうなると被害は甚大です。

このように、投資資金を調節する事でリスクを管理する手法もありますし、レバレッジを調節する事でリスクを管理する事も可能です。

FX=ハイリスク・ハイリターンではなく、リスクを自由に調節できるものと覚えておいて下さい。



2007/08/26(日) FXの基礎 トラックバック:- コメント:0













管理者にだけ公開する

<< レバレッジとは何だ? | HOME | FX|外国為替証拠金取引とは何か? >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。