FC2ブログ

スポンサーサイト

ブログランキングへのリンクです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--(--) スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2012年5月9日の株式ポートフォリオ

ブログランキングへのリンクです。


引き続き頑強に下げないで粘っている銘柄を利食いして急落した銘柄を拾う作業を継続致しております。本日はザラ場中はせっせとお部屋の夏モードへの模様変え掃除を行っていたのですが、大引け直前に全体の株価をチェックして瞬時にアドレジを利食いしてヴィレッジヴァンガードを買います事を決断致しました。



01位 3269 アドバンスレジデンス投資法人

13口ほど利食い致しました。それでもダブルスコア以上でポートフォリオ1位です。もともと公募の影響で投資口価格が低迷しておりましたのであまり下げる余地がないのだろうと思います。

02位 2769 ヴィレッジヴァンガード

二日続けてスコーンと下げてしまいましたので緊急買い増しを行いました。その結果、ポートフォリオ2位まで躍進致しております。外国人売りを個人の信用買いで対抗している図式になっておりましたので急落してしまったのはやむを得ないところでしょう。

03位 P&P

現状維持。決算次第です。

04位 8985 ジャパンホテルリート投資法人

現状維持。ここは割安なのであまり安易に利食い売りしたくないので我慢してます。

05位 8915 タクトホーム

消費税増税が成立すると不動産駆け込みブームが来ると思っているのですが・・・・

若い世代ほど消費税増税は反対だと思うのですが、自分達が受け取っている間に年金が破綻されては困るので高齢世代は賛成に回ると思ってます。逆に若い世代はデフォルトすれば良いって思っている方が多いようですね。

06位 8875 東栄住宅

現状維持。

07位 8966 平和不動産リート

現状維持。

08位 2492 インフォマート

現状維持。中期保有なので目先の下げにはどうじません。もう一段下げたらさすがに買い増し致します。

09位 4568 第一三共

現状維持。

10位 4972 綜研化学

現状維持。

11位 3166 クロタニコーポレーション

現状維持。

12位 7722 国際計測器

現状維持。

13位 1723 日本電技

現状維持。

14位 2128 ノバレーゼ

現状維持。

15位 6757 OSGコーポレーション

現状維持。

16位 4644 イマジニア

現状維持。

17位 7819 SHO-BI

現状維持。


スポンサーサイト


2012/05/09(水) ポートフォリオ トラックバック:- コメント:0

騰落レシオがついに70%割れました。

ブログランキングへのリンクです。


本日は、ようやくコタツの毛布を外して夏モードに致しました。私は、春から秋は机の上で冬になるとコタツにパソコンを移動して株取り引きを行っております。ようやく夏モードに移行です。

相場を見ていてもつまらない日は思い切ってお部屋の大掃除をするのも良いですね。おかげ様で私のお部屋はすっかり小奇麗になりました。



さて、相場の方は相も変わらず個人の投げ待ちの状況が続いております。1万円超えで買った人はまさかここまで一気に転落するとは思ってもいなかった事でしょう。私がテクニカルを軽視するにいたった理由がおわかりになって頂けると思います。

チャートにこだわると逆手に取られてやられてしまう時代になってしまっているわけですね。



さて、東証の騰落レシオの方は65.9%まで低下致しました。一般的に70%を割れると底打ちと言いますので後はきっかけ次第でいつでもリバウンド出来る位置まで来たと言う事でしょう。そのきっかけは1万円超えで飛び乗った方々が耐えきれずに投げさせられるタイミングです。これは間違いないでしょう。

松井証券の信用評価損益率も-16%を超えているようです。そのためヴィレッジヴァンガードのような信用取り組みが悪い銘柄については下げ幅が拡大致しております。

私は、以前投資方針で述べたように基本的には信用取引は使いませんのでこの局面を静観致しております。追証売りが炸裂するタイミングで売り筋の買い戻しが入るのだろうと思ってます。



2012/05/09(水) 株式投資日記 トラックバック:- コメント:1

2012年5月8日の株式ポートフォリオ

ブログランキングへのリンクです。


ポートフォリオ全体が下げて行く中で頑強なほど底堅かったサンヨーハウジング名古屋を利食い売りしてアドバンスレジデンスとヴィレッジヴァンガートを買い戻し致しました。



01位 3269 アドバンスレジデンス投資法人

買い増し。

02位 2426 P&P

買い増し。

03位 8985 ジャパンホテルリート投資法人

買い増し。

04位 8915 タクトホーム

現状維持。

05位 8875 東栄住宅

現状維持。

06位 8966 平和不動産リート

現状維持。

07位 2492 インフォマート

現状維持。

08位 2769 ヴィレッジヴァンガード

前回利食い位置より1万円弱下げたので一気に買い戻し。

09位 4568 第一三共

現状維持。

10位 4972 綜研化学

現状維持。今期、減配しませんように。

11位 3168 クロタニコーポレーション

現状維持。


12位 7722 国際計測器

現状維持。今期、減配しませんように。

13位 1723 日本電技

現状維持。

14位 2128 ノバレーゼ

現状維持。

15位 6757 OSGコーポレーション

若干買い増し。

16位 4644 イマジニア

現状維持。

17位 7819 SHO-BI

現状維持。




いつの間にやら15銘柄が含み損となっております。インフォマートに大幅な含み益がありますのでトータルではそれほど含み損はありません。

利食い済み分の確定利益の方は既に過去5年で最大となっておりますので、このペースで行けば、今年は例年の3倍の利益を得られる計算でしたが世の中そんなに甘くはありません。

含み損銘柄が増えてきた事もあり、しばらく動けない状態が続くのだと思います。

 



2012/05/08(火) ポートフォリオ トラックバック:- コメント:0

こうして個人投資家は投げさせられるのです。

ブログランキングへのリンクです。


米雇用統計の悪化、フランスの17年ぶりの政権交代、ギリシャの選挙・・・といろいろ悪材料が重なっての大下げと解説されておりますが、それにしてもここまで一気に下がるほどの悪材料かなと思います。

フランスやギリシャの選挙については事前にこうなる事はある程度予想されておりました。米雇用統計についても悪くなったらなったでQE3がスタートするわけですし。


やはり、一番大きな下げの理由は日経平均が1万円超えたタイミングで飛び乗ってしまった個人がその後の調整局面でせっせとナンピン買いをしてしまったためではないかなと思います。

現物で買われた方はそう簡単には投げないと思いますが、デリパティブ全盛の昨今では個人でも簡単に先物を売買できるようになっておりますので指数先物に手を出した方はこの下げはちょっとキツイでしょうね。同様に現物ではなく信用でナンピンしてしまった方もぼちぼち追証が気になる水準でしょう。

下げの最終段階で投げたくなるようなネタが出てとどめを刺されるのだろうなとは思っておりましたがやはり個人が投げさせられる歴史は続くようです。

外の天気も良いのでこんな日はあまり場に張りつかないで散歩でも楽しむ事にした方が良さそうです。



2012/05/07(月) 株式投資日記 トラックバック:- コメント:0

2012年5月2日の株式ポートフォリオ

ブログランキングへのリンクです。


大型連休の谷間と言う事で比較的穏やかな値動きとなった一日でした。私の方は主力J-REITが堅調な値動きであった事が功を奏して約一カ月ぶりにピーク資産を若干更新致しました。

この一カ月の間で全体的な指数の方は下げたわけですから投資成績としてはまずまずだったと思います。J-REITを中心とした底堅い内需系に投資資金を集中させているのが結果的には良かったようです。



01位 3269 アドバンスレジデンス投資法人

157000円までリバウンド致しましたので先日、下値で買い増しした分を一部利食い致しました。それでも2位以下を圧倒する集中ぶりは変わっておりません。

現在の投資比率は26.9%で全投資資金の4分の1以上です。

02位 2426 P&P

決算発表前ではありますが、今期のさらなる増配を信じて本日2万円割れを少々買い増し致しました。

03位 8985 ジャパンホテルリート投資法人

現状維持。見直し買いが続いているようです。

04位 8915 タクトホーム

本日少々買い増し。

05位 8875 東栄住宅

現状維持。

06位 2492 インフォマート

現状維持。先日の1Qの好決算の見直し買いが継続しているようです。株価の上昇により順位が変動致しました。

07位 8904 サンヨーハウジング名古屋

現状維持。

08位 8966 平和不動産リート

現状維持。投資口価格が現状の水準で推移するようならこのまま全口配当取りとなりそうです。

09位 4568 第一三共

現状維持。株価はじり安継続中です。4.64%の含み損。


10位 4568 綜研化学

現状維持。

液晶パネルの価格が底打ちしたとのニュースを耳に致しました。ここの業績も底打ちすると良いなぁ。現在8.14%の含み損でポートフォリオ中最大の含み損です。

11位 3168 クロタニコーポレーション

現状維持。

12位 2769 ヴィレッジヴァンガード

アドレジを利食いした資金で少々買い戻しを行いました。

13位 1723 日本電技

現状維持。ここは毎年保守的な決算見通ししか出さないので本決算の方はあまり期待しておりません。

14位 7722 国際計測器

他の自動車関連銘柄の値動きに合わせる形でじりじりと下げて来ましたので本日買い増しを行いました。決算発表前なのであまり無理に増やしたくはないのですが・・

15位 2128 ノバレーゼ

本日、少々買い増し。

16位 OSGコーポレーション

本日、微量に買い増し。

17位 4644 イマジニア

現状維持。

18位 7819 SHO-BI

現状維持。



ポートフォリオ1位のアドレジを利食いした資金でポートフォリオ下位の銘柄の買い増しを行いましたのでポートフォリオ平均配当利回りは若干低下致しました。

5月2日現在でポートフォリオ全体の予想配当利回りは5.09%です。



2012/05/02(水) ポートフォリオ トラックバック:- コメント:0

(投資メモ)ジャパンホテルリート投資法人の負ののれんは186億円

ブログランキングへのリンクです。


私のポートフォリオ3位の(8985)ジャパンホテルリート投資法人の負ののれんの金額が186億円と正式に発表されておりましたのでメモしておきます。

昨年、合併発表が行われた際には概算で210億円程度と発表されておりまして、その後、被合併投資法人であるジャパンホテルアンドリゾートの投資口価格が上昇致しましたので10%程度は減ったのかなと頭の中でザックリ考えておりましたが大体予想通りの数値であったと思います。

アドバンスレジデンス投資法人の説明のところで負ののれんについては既に触れておりますが、負ののれんが存在する事でその範囲内で、収益力の乏しいホテルを損切り売却する事が可能になり、その売買代金で収益力の高いホテルを購入する事が出来るようになります。

また、何らかの事情で賃貸収入が予想よりも少なかった場合にその分を負ののれんを取り崩して賄う事も可能となります。その結果、長期に渡って安定した分配金を受け取る可能性が高くなります。

特に、ジャパンホテルリート投資法人の場合は旧ジャパンホテルアンドリゾートの所有物件が変動家賃制となっている影響で分配金の変動が他のリートに比べて大きいので負ののれんはとてもありがたい潤滑油の役割を持つわけです。

昨年は大震災の影響を受けましたし、その前は新型インフルエンザの影響を受けました。隣国との政治的問題が発生した場合でも影響を受ける事がありますよね。そんなわけで負ののれんはとても助かるのです。

今まで、不安定な分配金のためにホテル系のJリートへの投資を躊躇っていた方々もこれで参加しやすくなったのではないでしょうか?

不安定さが災いする形で他のJリート銘柄と比較してホテル系の予想利回りは高いのです。本日の投資口価格である19930円でも7.5%以上の実質利回りとなってます。(注釈1)


(注釈1):本年度は合併の影響で変則決算となっておりますので7.5%ないように見えますが12カ月換算で判断した場合に7.5%超えとなってます。

私が一気に買い増しを行ったのも負ののれんの存在が大きいです。分配金の推移が今後今までよりも安定すると見込まれるならばこの高い利回りはとても魅力的に感じるのです。

それに、団塊の世代が退職期を迎えており、この世代の方々が旅行する比率はしばらく期待できる水準だと考えております。現在の日本では長期デフレの影響で高齢者ほどお金を持っている傾向にあり、この世代の方々が旅行に費やす費用は結構大きいのではないでしょうか?

後はよほど政治事情が悪化しない限りは近隣諸国の外国人の方の来日も昨年をボトムとして年々回復すると期待致しております。ただし、大規模な余震が発生すると前提条件が崩れてしまいますがこればかりはどうしようもありません。



2012/05/01(火) 株式投資日記 トラックバック:- コメント:0

(投資メモ)個人投資家は3週連続の買い越しのようです。

ブログランキングへのリンクです。


昨年末からずっと売り越し基調だった個人投資家が買い越し転換したのが3月23日の週です。そして日経平均株価が今年最高値を記録した日が3月27日であるわけですから、直近最高値を掴まされた個人投資家が多くいる事がわかります。

その後、4月上旬から株価指数の方は一気に調整色を強めたわけですが、この間の個人投資家の動向は3週連続で買い越しでした。つまり、高値を掴んでしまった後、その後の下げ局面の中をせっせとナンピン買いを行った感じになっております。

日本市場は10年ほど前から海外投資家に牛耳られている状況になっているため、個人投資家がせっせと買って来たタイミングで下に落とすことなど容易に行われてしまうわけですね。今回も彼らの得意パターンにまんまと乗せられてしまっているような流れになってしまいました。

今後、頑張ってナンピン買いをした個人が思わず投げたくなるような悪材料がポンと飛び出して来て、我慢出来ずに投げさせられたところで売り仕掛けをしていた方々に安値で買い戻されるようなそんな近未来を感じてしまいますね。



さて、私の方は直近で構築したポートフォリオのままの状況となっております。本日は全体の指数は下がったのですが、J-REIT系を中心に底堅い値動きだった事やインフォマートの好決算のおかげもありまして総資産の方は若干のプラスとなりました。

本日の総資産はピーク資産に対して99.41%となっております。実はザラ場中にピーク資産を一瞬だけ更新したのですが、ポートフォリオ1位のアドレジが後場萎んだ事やJ-REIT銘柄以外の銘柄が大引けにかけて下げ幅を拡大したので結局、前営業日とほぼ変わらずの状況で大引けを迎えております。

まあ、減らなかっただけ良しと致しましょう。

個人投資家の動向が3週連続で買い越しだった事から今回の調整局面は今しばらく時間がかかりそうです。私は高配当利回りポートフォリオを現在敷いておりますのでこのまま様子見を続けたいと思います。



2012/05/01(火) 株式投資日記 トラックバック:- コメント:0


| HOME |

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。