FC2ブログ

スポンサーサイト

ブログランキングへのリンクです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--(--) スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

NPC公開買い付けにヒットしました

ブログランキングへのリンクです。


先日、ゴールドパックの公開買い付けにヒットして年末のお餅代をゲットしたばかりなのですが、今度はポートフォリオ22位のNPC(日本パーキング)の公開買い付けにヒット致しました。60000円でTOBされるようです。

駐車場ビジネスは国内向けで数少ない成長産業でしたのでずっと持続するつもりだったのですがこれでお別れとなりそうです。最近、バリュー株を中心にTOBやMOBがはやっているように感じますのでまた次のTOB候補銘柄を探して仕込もうと思います。

有利子負債が多い企業でしたのでおなかいっぱい買っていなかったのは残念でした。

スポンサーサイト


2010/12/17(金) 株式投資日記 トラックバック:- コメント:0

ゴールドパック公開買い付け(TOB)

ブログランキングへのリンクです。


本日現在ポートフォリオ7位のゴールドパック(2589)の公開買い付けが突然発表されました。つい数日前まで10位だったのですが、ポートフォリオ4位だった住友電設(1949)を減らした資金で超割安のゴールドパックの買い増しを行い順位を7位に上げたばかりの出来事で思わずびっくりです。

TOB予定価格が1641円との事ですのでおそらく市場で1630円前後で売却する事が可能でしょう。大株主がTOBに賛同しておりますのでこのTOBはほぼ間違いなく成立する情勢です。

個人的には増配して高利回りを享受できるだろうと予想していたのでまさかのTOBとなりました。

まぁ、購入してすぐに40%のプレミアムが乗ったので文句は言いませんが、株主優待ももらわないままお別れとなりそうです。

今年は実は一度TOBで大魚を逃してとても悲しい想いを致しましたのでその時の悔しさが少しだけ晴れました。過去投稿をお読みになると分かると思うのですが、私は、NBCメッシュテック(3534)をたくさん保有しておりました。

民主党の親子上場禁止政策によりTOBも期待できると心の中で期待しておりました。ところが魔がさして売却した直後にTOBが発表されて株価は一気に2倍高したのです。その時の悔しさは言葉になりません。悶絶でしたね。(笑)

過去にも、日立システムアンドサービスとかエックスネットとか売却直後にTOBの発表があった銘柄がありこの件に関しては悔しい想いの連続でしたが、ようやく保有している時にTOBが発表されました。

今後も割安株を中心にTOBとかMOBがあると思うので、狙っていきたいと思ってます。

今夜は祝杯です。



2010/12/13(月) 株式投資日記 トラックバック:- コメント:0

保有銘柄を48銘柄にまとめました

ブログランキングへのリンクです。


12月に入った時点で60銘柄程度保有していたのですが、そのうち3銘柄に連続して下方修正を受けてしまいました。数が多くなるとどうしても業績のチェックが甘くなってしまいますね。

そんなわけで、久しぶりに保有銘柄の整理を行い48銘柄まで縮小致しました。画面をスクロールする事無くマーケットスピードで全表示される32銘柄程度まで最終的には整理したいと思うのですが、優待有り銘柄はここから来年春に向けてもう一段上がりそうなのでしばらくはこの体制でいこうかと考えてます。

保有時価総額順

1723 日本電技

5%前後の利回り、財務が良好、底値からそれほど上がってないので買い増しを行いました。その結果ポートフォリオ1位となりました。

リスク要因としましては、配当は完全に1株利益に連動しており(30%)、中間期の業績を下方修正しておりますので、期末に下方修正、減配が発生する可能性があります。

ただし、もともと保守的過ぎる業績見通しを出す企業で昨年度は期末に上方修正、増配となっておりました。保守的過ぎる分で相殺となれば良いかなと思ってます。

今期の業績が思わしくないのはリーマンショック後の苦しい時期に受注した案件をこなしているために利益水準が低い点があげられます。従いまして、今期に関しては減配リスクがあるものの、来期以降回復すると私は見込んでます。

よほどの急騰劇がない限り、中期で保有すると思います。

8125 ワキタ

私がまとめ買いした時期は予想配当利回りが5%を超えている水準でしたが、その後順調に株価が回復した結果、現在の予想配当利回りは4.3%程度となっております。

ワキタは本業以外に不動産を中心とした多角化を目指しているようです。所有する不動産がたくさんあり、企業の解散価値が相当高いと思われます。

日本は現在のところ長期デフレが続いておりますが、金融じゃぶじゃぶ政策や日銀の資産購入政策によりお金の価値が今後下がるのではないかと考えてます。

その場合、負債が大きい企業の方が負債の価値が下がるので有利なのですが、同時に金利も上昇するはずなので信用力の少ない企業の場合、金利上昇による金利の負担増に先に負けて倒れる可能性があるのでこの銘柄のようにインフレに強い資産を多く抱えている企業の方がインフレに強いのではないかと考えてます。

従いましてインフレが発生した場合の資産防衛も兼ねて中期保有する事になると思います。

日本電技の方を買いました結果、ポートフォリオ2位になりましたがその差はわずかです。


9501 東京電力

つぶれる心配がないので放置しておけば期末配当狙いの買いにより今後株価は回復すると考えておりますが、現在持ち株の中で唯一1万円以上の含み損が発生致しております。

株価が回復したら売却して乗り換えようと思っていたのですが、逆に他の銘柄が上がってしまいましたので今更乗り換えるのは遅いと感じております。

おそらく何もしないで放置した方が良い結果になるのでしょう。

5262 日本ヒユーム

賃貸用所有不動産の含み益が大きい企業なのでインフレに強そうです。また、私が注目している日本上下水道設計の親会社でもあります。間接的に水資源関連企業としても中期で保有したいと思います。

7460 ヤギ

大株主に銀行が多いので持合い解消売りに弱そうな銘柄ですね。業績が安定しており、配当ゲット銘柄としては良いのではないかと考えております。

長くなりましたので続きは次回に。



2010/12/12(日) ポートフォリオ トラックバック:- コメント:0

2010年12月の株式ポートフォリト

ブログランキングへのリンクです。


1位 8125 ワキタ

含み資産が大きそうな銘柄です。300円割れとなり予想配当利回り5%超まで売り込まれておりましたのでJREITよりもリスクが小さく割安だと判断してまとめ買い致しました。

実際には日銀のJREIT買いのインパクトの方が大きくJREITを買っていた方が利が乗ったようです。しかし、中期的にはインフレに強い銘柄なので年金(もらうような年齢じゃありませんけど)もらうつもりで放置しております。

願わくば本業も回復して配当がさらに増えるとうれしいなぁ・・・・

2位 1723 日本電技

こちらは、下方修正の影響で株価がもたついていたようなのでその間にせっせと拾いました。配当性向が30%とほぼ固定されてますので期末決算が下方修正されると減配のリスクも高いです。

しかし、配当利回りが5%超まで株価が低迷しておりますので大きな下げはないと考えてます。もともと、今期の業績は採算性が悪い案件の受注が多かったようなので業績の低迷はある程度見込まれておりました。

またこの銘柄はとても保守的な決算見通しを発表する傾向がありますので何もなければ後に上方修正されるケースが多いので今回は下方と相殺されてチャラになるのではないかと思ってます。

来期以降に期待しており、これまた年金銘柄となりそうです。

3位 9501 東京電力

私はもともと値動きのまったりした電力株は好きではないのですが、そんな私でも思わず欲しくなるぐらいここ最近の株価は下がったと思います。そんなわけで好きではないのですが上位に組み入れてしまいました。

2300円ぐらいまでもどるまで気長に待ちます。

4位 1949 住友電設

子会社系をいくつか組み入れて親会社からのTOBを期待する作戦です。配当もらいながら気長に待ちます。しかし、政権が再び交代すると重複上場禁止の流れは再転換となってしまうのでしょうか?


5位 9824 泉州電業

財務盤石、いわゆるバリュー銘柄です。銅価格が上昇すると株価が上がる傾向があるようなので資源関連のつもりで組み入れました。三井物産とか買い損なってしまいましたので・・・

6位 7460 ヤギ

これまたバリュー株です。4%の利回りを安定的にもらいます。

7位 5262 日本ヒユーム

ワキタと同じ考えで購入、ワキタほどは割安ではありませんが大きな不動産収入があるのが魅力です。これ以上ワキタの集中投資はさすがにリスクがあると判断して分散させました。

8位 8904 サンヨーハウジング名古屋

戸建系では抜群の財務状況なので組み入れてます。

9位 9922 日立機材

子会社系投資の一角、4%の配当をもらいながら親からのTOBが実施される日を気長に待ちます。

10位 2589 ゴールドパック

野菜ジュースの下請け企業で超不人気薄銘柄です。あまりにも安いのでいつか見直された時の上昇余地が大きいので組み入れてます。猛暑による効果で先日上方修正しましたがそのため、PER3倍以下の状態です。


11位 4793 富士通BSC

子会社系投資作戦。

12位 SRIスポーツ

何となく。利回りも高いし優待もあるしいいかなと。

13位 2426 ピーアンドピー

利回りが6%を超えるほど売られていたので組み入れ。

14位 7722 国際計測器

この銘柄は利回り高いし、相性も良いので。

15位 8056 日本ユニシス

この銘柄は切り口がいろいろ多いです。利回りが低いのが玉にきずですが。

16位 6966 三井ハイテック

トヨタがハイブリッド化率を上げるようなので・・・

17位 4963 星光PMC

子会社系です。4%の利回りをもらいながら待つ。

18位 8997 日本パーキング

自分でも利用してみてなかなか良かった。

19位 7819 SHO-BI

利回りが5%超なので・・・店舗持ってないので店舗の減損リスクもないし。

20位 6466 東亜バルプエンジニア

原子力関連として持っておこう。


この他・・・あと40銘柄弱持ってます。





2010/12/03(金) ポートフォリオ トラックバック:- コメント:0

株式投資を再開致しました。

ブログランキングへのリンクです。


国内外の大規模な経済対策の反動で足元の景気が怪しくなっていた事でここしばらくの間は日本株の投資比率を大きく引き下げておりました。

豪ドルを中心とするFX投資に切り替えていたのですが、円高も足元ではやや足踏み状態になり、また日銀がデフレ対策を強化してきたと肌で感じ始めました。

特に、日本株、JREITを買い付けると発表した事で株安の流れも転換期を迎えそうだと判断し、一カ月かけて豪ドル買いのポジションを全部清算して日本株にシフト致しました。

米国の大型金融緩和の影響で金余りによる株高がスタートしたようなので、日本株の方も連れ高が期待できそうです。

現在、ほぼ100%日本株投資の状態になってます。そんなわけで予期せぬ大暴落なんかがあると痛い目にあいそうです。

さていつの間にか師走となりこのままのポジションで年越しとなりそうです。今年の投資成績は前半は日本株でこつこつと利益を積み上げ、後半は豪ドルの回転売買や放置によるスワップポイントで利益をあげました。

しかし、今年唯一の大失敗があり、年後半の利益の半分は相殺されてしまいました。

今年最大の失敗はラウンドワンの対処法を誤った事です。公募増資発表後、適度に回転をさせてその後は放置してしまった結果、そこから一気に270円台までの下落局面となり、何度か買い増しを行ったためにでかい含み損を抱えてしまいました。

その後400円超えまでリバウンドした事と、FXの清算益が大きかった事もあり、思い切って処分する事となりましたが、このブログを立ち上げた以降最大の損切りとなりました。

そう言えば、今から10年ぐらい前にもラウンドワンでは痛い目にあいました。1株200万円ぐらいで買い、その後何度か買い増しして100万円割れまで追い込まれて投げたんですよね。

あの頃は若かったなぁ・・・・・・楽しかったITバブルの時代の思い出です。(笑)



2010/12/02(木) 株式投資日記 トラックバック:- コメント:0


| HOME |

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。