FC2ブログ

スポンサーサイト

ブログランキングへのリンクです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--(--) スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

さすがに利益確定をしています。

ブログランキングへのリンクです。


たった3日間で指数は2000円も上がりました。

中期持続方針でしたが、こんな感じで、短期間で歪んだ上がり方を演じてしまうとさすがに一度利益確定をする必要があると感じます。

本日発表された経済対策を市場が好感したと感じさせたい事や、時価会計を意識して月末の株価を上げておきたいドレッシング買いの意味もあり、おそらく公的年金が相当の気合いで買ってきたと思います。

その結果調子に乗って売り全開だった方々を踏み上げたのだと思われます。

私は、先日書いたように、もともとあった投資資金の全額を投入しておりましたので、ここ数日で投資資金が30%ぐらい増えました。

指数も安値から30%上がりましたのでまぁ、市場平均並みのパフォーマンスではありますね。明日は3連休前の手じまい売りで軟調な展開となる可能性も高いので持ち株の60%程度をきっちり利益確定売り致しました。

今は何でも上がる地合のようで、昨日お遊びでS安付近で購入したエルピーダ(6665)や昨日急落していたので、今朝寄り付きで買ったアサヒプリテックなども、あっと言う間に大量含み益になりました。

何買っても上がるので、大引け直前に下げていたエプソンも拾おうかなと思いましたが、さすがに持ち高を減らしている途中でしたのでやめましたが。

とりあえず残したのは・・・

SUMCO(3436)
住友化学(4005)
東ソー(4042)
オプトエレク(6664)
ワコム(6727)
SHOEI(7839) → 配当利回りが9%を超えていたので昨日買いました。

富士電機は決算回避で大引け間際に全部利食い、アサヒプリテックも買っていきなり10%以上あがったので利食い、エルピーダも1日で買いねから120円も上がったので利食い、Jリートも利食い、エンプラスも50%上昇したので利食い、

SUMCOと住友化学は20%ほど利食いしました。

これで、キャッシュ60%、株式40%ぐらいの比率になってます。明日は反落を予想しますがもし今日のような上昇をするのであれば、さらに外します。おそらく月末のドレッシング買いでしょうから。

今後は、前回の安値7000円を起点とした2番底をあせらず待つつもりです。

今回の決算発表はあくまで金融危機前の決算であり、今期より、来期の方が決算見通しは悪いはずなので、もう一度下値を確認するでしょうね。

スポンサーサイト


2008/10/30(木) 株式投資日記 トラックバック:- コメント:-

本日の上げは年金買い?

ブログランキングへのリンクです。


心理的な節目である7000円を割れて6000円台を一瞬鑑賞した時点から、大口の買いが入り見事なリバウンドとなりましたね。

昨日の前場もそうだったのですが、何となく公的年金の緊急買い支えが入っているのではないでしょうか?

時価総額や指数寄与度の高い銘柄が先導して大きくリバウンド致しました。

持ち銘柄の中では、お勉強のために買ったJリートが不動産株売りの流れに乗って一緒に最後まで売られておりましたが、その他は良い感じでした。

特に、SUMCO、エンプラスがS高になり気持ち良かったです。

エンプラスは保有している現金よりも時価総額が低かったので、さすがに売られ過ぎだと感じていたのですが、スタンレー電気と共に自動車部品関連株を見直す流れに乗ったようです。

今後大きくリバウンドするようなら利食いして、別の含み損銘柄に移そうかと思います。

ここ4営業日で、今月前半に稼いだ利益を食いつぶしていたのですが、本日の上げで60%ぐらい回復致しました。

東ソーの買いがナイスタイミングだったようですね。

明日、もう1日、買いが続くと、ぐっと楽になれるのですが・・・・・あまり細かな回転売買が難しい地合いですので、何も売買しないで持続するのが良さそうではありますね。

しかし、本来の投資資金を100%投入している状態ですので、明日大幅高するとどうするか迷いそうです。



2008/10/28(火) 株式投資日記 トラックバック:- コメント:-

購入完了

ブログランキングへのリンクです。


本日の後場の突っ込みを利用して私の初期投資資金をすべて投入致しました。

これで、今後、さらなる下落がある時は緊急資金に手をつける事になります。緊急資金は文字通り、緊急の時のみ入れるわけですから、しばらく様子を見て、例えば、指数が6000円台前半とか信じられない突っ込みをみせた時に投入致します。

日経225連動投信(1321)
上場Jリート(1345)
SUMCO(3436)
住友化学(4005)
東ソー(4042)
日本SHL(4327)
富士電機HD(6504)
オプトエレクトロニクス(6664)
ワコム(6727)
エンプラス(6961)

を購入致しました。

このうち、日経225ETF、Jリート、住友化学、東ソー、ワコムは本日買いました。
指数が7100円台突入のタイミングで買いましたので本日購入分は今後多少リバウンドしても売却しません。



今後も、貯金を中断して毎月貯株に励みたいと思います。そんなわけで、次の買いタイミングまでしばい冬眠です。(笑)



2008/10/27(月) 株式投資日記 トラックバック:- コメント:-

ソニーショックをネタに8000円を再度伺う

ブログランキングへのリンクです。


昨日の米株はもみ合いだったのですが、日本市場に比較的大きな影響を与えるソニーの業績が大幅に下方修正された事で指数の方は再度8000円を伺う流れになっております。

下方修正された程度の業績は本来とっくに株価に織り込み済みである水準ですが、それでもなお寄り付きから売られる展開は、私の想定外でした。

要するに、今までの常識が通用しない流れになっているようです。

この場合、常識では考えられないような株価にまで下がる可能性も残っているようです。ここに来るまでに徐々に持ち株を増やしましたので、さすがに本日あたりから、ややダメージが発生しております。

細かく計算しておりませんが、このままの水準で大引けとなった場合、今月、儲けた分の70%ぐらいが溶けた水準になると思います。

これだけ買い一辺倒で突撃を繰り返していてまだ今月負けてない事は素晴らしいのですが、含み損になった銘柄を切って清算する気はさらさらありませんので、指数が推定7600円ぐらいになると含み損となりそうです。

怖いもの好きである性格なので、この際だから6000円台まで見てみたいと真剣に考えてます。

そして、さらに、全力で買うための準備を今しているところです。とりあえず、私名義の定期預金を先ほど銀行に行って解約して来ました。

今後、さらにオーバーシュートして日本株が下がるようであれば、この資金を使っておなかいっぱいになるまで買い下がっていきたいと思います。

大事な資金なので高値を買う事は一切せずに、ひたすら下値に入れておくつもりです。

これが尽きるまでに下げ止まらなかった場合は、8年後の大学入学時に備えて手をつけないようにどけて置いてある資金にも手をつけちゃうかも知れません。

これは、万が一自分に何かあった場合に子供が困らないように残してあるトラの子なんですけど、その場合、株で相続してもらいましょう。

8年間の配当を積み立てれば、入学金ぐらいにはなりそうですしね。



2008/10/24(金) 株式投資日記 トラックバック:- コメント:-

8000円割れで一息ついた一日

ブログランキングへのリンクです。


私は、毎週木曜日に歯科医に通院しています。

そのため、木曜日はなるべく穏やかな一日であった欲しいのですが、どうもこの日に限って大きく動くのは気のせいでしょうか?

本日はそんな事情もあり、指数の節目でタイミングを狙って買いを入れるいつもの手法が使えませんでしたので、持ち株の中で適当に安値をつけそうな銘柄の買い増し注文を入れておきました。

その結果、富士電機(6504)の150円、SUMCO(3436)の1073円、ワコム(6727)の71200円、70200円が買えてました。

ワコムは指し値での注文、その他は成り行き買いです。

治療が終わり帰宅すると、既に先物が一時8000円割れを達成し、本日の売り売り爆撃任務が完了したあとのようでした。

個別銘柄も本日の安値をつけた後のリバウンドタイムに入っており、残念ながらピンポイントでの突撃タイムは終了していたようなので、その後は鑑賞しておりました。

結果的には下げ幅の3分の2を戻す大きなリバウンドとなり、突撃した人はかなり値幅をとれたのではないでしょうか?

ずっと市場にへばりついていれる環境ではありませんので仕方ないですね。

米株も2日続けて落ちた事だし、今夜は上がる可能性も高いので、買い増しした分はそのまま持ち越しました。

こうやって、捕まりつつも、徐々に株式の割合を増やし、本格的なリバウンドタイムの時には全額株になっているのが理想的な展開です。

今は、日々の値幅が大きいので短期トレードもやっておりますが、いずれは中期、資産倍増計画に移行する予定です。

でもここまで下がったのであれば、持ち株が全部捕まってもいいので、7000円割れを一度体験して見たいなとも思います。

こんな経験はめったに出来ませんしね。



2008/10/23(木) 株式投資日記 トラックバック:- コメント:-

結果的に回転となってしまう。

ブログランキングへのリンクです。


昨日急騰した富士電機HD(6504)を利食いして、SUMCO(3436)の買い増しをする予定だったのですが、SUMCOが寄り付きから強く思うようには行きませんでした。

移動するつもりで、富士電機の方は寄り付きで一部売却してしまいました。

その後、ふと目についた、ワコム(6727)に値惚れしてこちらでも良いかとワコムの方を打診買い致しました。

全体がじわじわと下げ幅を拡大する中でワコムとSUMCOが独歩高となるので、これは大引けまでにしぼむのでは?

と考え、SUMCOは昨日の高値付近である(髭の天井)1235円に利食い売り注文をいれたところ約定してしまいました。

さて、朝売却した富士電機はその後じわじわと下げてきましたので、売りねよりも10円下げたら買い戻そうと165円、162円、159円と適当に買い戻し注文を入れておきました。

こちらは後場、指数が600円安をつける展開となったところで162円まで買い戻せました。

また、独歩高となっていたSUMCOもこの地合いではさすがに勢いは続かず後場じわじわと上げ幅を縮小して来ましたので、感覚で1151円で買い戻しを入れていたのですが、届かなかったため、おお弾け間際に1171円に指し値を上げて買い戻しに行きました。

この結果、富士電機、SUMCOは回転売買をしただけに近い状態になり、新規にワコムの打診買いをした分だけが本日増えてます。

ワコムも回転させればよかったのでしょうが、こちらは、必要以上に売られ過ぎていると感じたので置いていかれたくない気持ちもあり、前場の高値で短期売買しませんでした。

思うに、赤字決算以外の下方修正銘柄はそのまま持続していれば良いのかなと思ってます。



ここ3日間じわじわと上がっていた事で、警戒感が緩んでいたのでしょう。そんな日ほどズドンと下がるようですね。

ただし、今までのような全面安ではなく、相対的に下落率の低かった優良株が継続して売られ、すでに売られ過ぎた感のある小型株は逆行高をしている銘柄も散見されました。

そう言えば、数年前にも似たような展開がありました。大型株が底打ちする数か月前に小型株から反騰していたのです。

歴史は繰り返すのかもしれませんね。

実は、流動性が低いのであまり記事にはかけそうにない新興市場の銘柄を幾つか打診買い注文を入れているのですが、こんな事情もあって全然集められてないのでした。

オプトエレクトロニクス(6664)を250~270円台で多少は集めたのですが、420円まで戻ってしまいましたので、それならばと利食いしてしまいましたし・・・

ジオマテック、YAC、SES等もウオッチしているんですけど、先日の一番底にタイミング良く買えなくていまでに1株も買えてない状況となっております。

他にもいろいろ注文いれているのですが、出来高が細くて記事には書きにくいのでやめておきます。

新興市場の株はたぶん、底打ちしたと私は感じてます。



2008/10/22(水) 株式投資日記 トラックバック:- コメント:0

SUMCO(3436)を打診買い

ブログランキングへのリンクです。


昨日、買い注文を入れていて約定しなかった銘柄は朝からさっさと上がってしまいました。

しかし、それは結果論で追いかけ買いを覚えてしまうといつか高値掴みをしてしまいますので悪い癖は身につけるべきではありません。

さりとて、全体がじわじわと戻りを試す展開が続き、残金を投入したくてうずうずしている私は何か買える銘柄はないものかと一生懸命探しておりました。

そして、ようやく見つけたのがSUMCO(3436)です。

本日のザラ場に大下方修正をしたのですが、それが逆に悪材料出尽くしの流れになって瞬間的に株価は噴き上がりました。

この流れは数年前の半導体不況の時とどうやら似ております。あの時も確か、下方修正が出た銘柄から順番にリバウンドしておりました。

漠然といつ下方修正が出るか不安な銘柄よりも、発表済みとなってしまった方が不安が一層されるわけですね。

昨日買おうとしていたDOWAホールディング(5714)も先日下方修正をしており、下方済み銘柄です。三井金属(5706)も同じくです。

そんなわけなので、決算間際に警戒して急落した銘柄があれば拾う価値もありそうですね。ただし、某企業のように、想定外の大赤字とか、CB発行なんか食らう場合もありますので、発表してから買った方がよさそうですね。

SUMCO(3436)は最悪、大引けで引け買いすれば良いと待機しておりましたがじわじわと下がって来ましたので、14:40と14:50に平均1134円でまずは打診買い致しました。

日柄を置きながら徐々に買い増しするつもりです。



持ち株の方は富士電機HD(6504)の含み益がとても大きくなって来ました。もう1段上がったら、利食いしてSUMCOに移すかもしれません。

ここからさらに50%上がる確率がどちらが高いだろう?って考えた際に後者かなと思ったからです。
いずれにしましてもここ最近で最大の利食い売りになりそうです。



2008/10/21(火) 株式投資日記 トラックバック:- コメント:0

買い増しはできず・・・・

ブログランキングへのリンクです。


本日は大引け間際に9000円を回復して終了致しましたね。

先週末に某強気の大口投資家さんが、つい弱音を吐いていらっしゃいましたので、いよいよ底に近づいたのかと、残金を一斉投入するべく準備をしていたのですが、本日は朝から堅調な地合いとなり、何一つ追加約定する事無く上がってしまいました。

追いかけ買いをする癖をつけたくありませんので、そのまま買い増しは見送りとなりました。

そんなわけで、持ち株を全ホールドのままです。

住友化学(4005)のナンピン買い増しが効果をあげまして、富士電機ともども含み益となりました。

ここから先はあまりザラ場を見ない方が良いのかもしれませんね。私の悪い癖は回転売買をしたくなる事です。

うまく回転出来れば良いのですが、上げ相場に転換するとおいていかれる事も多々あります。

今回の買い値は数年に1度の最安値圏であるわけですから、このまま2年ぐらい放置しておくのも良いですよね。

とりあえず安値で買えた分はしばらく放置して、今後は、ライブドア事件後、行き着くところまで叩き売られてしまった新興株を徐々に買って行こうかと思います。

目指せ資産3倍計画・・・・



2008/10/20(月) 株式投資日記 トラックバック:- コメント:0

住友化学(4005)を引け際317円で買ったぐらいです。

ブログランキングへのリンクです。


公的資金注入ネタも終わり、市場の興味は実体経済の悪化に移るとは思っておりましたが、もう少しリバウンドしてから、数日じりじり下がる展開を予想しておりました。

ところがどっこい、実体経済の悪化が鮮明になったとして昨夜の米株が急落致しましたので、日本もそのまま連動してしまいましたね。

今度は各国に協調経済対策でも求めるのでしょうか??

やはり、先日の急騰は上げ過ぎだったのでしょう、1日で数日分リバウンドしてしまったために予想以上に早くリバウンドタイムが終了してしまった感がありますね。

さて、本日はなすすべもなくです。

前場途中に歯科治療の予約が入っておりましたので、無理をしませんでした。昨日回転させた住友化学(4005)が1日で大きな含み損を抱えてしまいましたので、こちらは引け際まで待って317円にてナンピン致しました。

前回の安値が310円で数年前の最安値が305円ぐらいだったと記憶しています。

水準的にはぼちぼち良い感じですが、全体の下げに連動して安値を更新する可能性も十分ありそうですね。

しかし、中期保有で2倍高が狙える水準だと思ってますので、子供の大学入学資金狙いでここから下はコツコツ拾いましょうか。

富士電機HD(6504)も本日大きく下げましたが、前回の買い値が安く、まだ15円ほど含み益が残っておりますので放置しました。

持ち分が10%程度の含み損を抱える状態になるようならば買い増しが必要になりそうですね。

さて、ここから先はどこまで下がるのかはあまり予測も付きませんので、明日以降もぼちぼちと買い増しでしょうか?

投資資金が尽きて生活資金の投入が必要になるのと下げ止まるのとどちらが早いでしょうね。



2008/10/16(木) 株式投資日記 トラックバック:- コメント:0

市場の興味は今後の景気対策

ブログランキングへのリンクです。


昨日、ちょっと急騰し過ぎた反動もありまして、本日はやや重たい動きとなっております。

本来なら少しずつ出るはずの材料が、金融危機の世界的なスパイラルを断ち切る意味もあり各国が協調して一斉に対応を始めたためでありますね。

そのため、このテーマに関する市場の興味は早くも薄れつつあり、市場の興味は今後の実態経済の悪化とそれを食い止めるための経済対策に移りそうです。

今後は景気対策を催促する形で先の安値が一番底である事を確認する流れに向かうのでしょうか?

日本では、この間に総選挙が行われる可能性が高いそうですが、市場に参加している外国人から見れば、この危急の時期に何のんびり解散総選挙なんてやるんだって気持ちになるでしょうね。

そんなわけで、暴落前の水準にはすんなりと戻らないわけです。

私の長い相場経験でもこれだけ大勢の方がおつかまりになっている状態で、そのほとんどの人が無事に生還できるとは感じられません。

市場はとてもいじわるな一面があり、つかまっている人が諦めて投げるまでは上がらずに投げを確認してから戻りだす場合がとても多いのです。

そういう事情もありますので、私はこのまま、安い水準でしばらく推移するだろうと思っています。

1万円を割れてから一度も1万円を回復しておりませんので、そのラインをちょっと超えるぐらいまでの戻り局面はあるでしょう。

大多数の方が生還可能な1万2000~1万3000円のラインは目先厳しそうですね。



さて、昨日は売られ過ぎた輸出株のリバウンドが大きく、内需株は指数ほど上がっておりませんでしたので本日は内需株の方にリバウンドの余力が残っているようです。

その一方で輸出株、景気敏感株は早速反落のようです。

私は、住友化学(4005)をちょっと回転させようかなと、先日348円で購入した分を寄り付きで売却し、368円にて買い戻しました。20円の値幅がとれたので良しとしておきます。

361円にしようかなとも思ったのですが、あまり欲張ると回転に失敗しそうでしたので、ほどほどにしておきました。

その他は何もしておりません。

昨日上昇率の低かった、京都きもの(7615)、日立システム(3735)を余力ありと考え、昨日の大引け付近で買いをいれていたのですが、結局約定しませんでしたので本日のリバウンドはとれませんでした。



2008/10/15(水) 株式投資日記 トラックバック:- コメント:0


| HOME |

| このページの上へ |» 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。