FC2ブログ

スポンサーサイト

ブログランキングへのリンクです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--(--) スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

デイトレードを辞めた理由

ブログランキングへのリンクです。


私がデイトレードを辞めてしまった理由は複数あるのですが、その中のいくつかの理由を紹介したいと思います。


(1)デイトレードを行う人が多くなった。

株式投資でコンスタントに勝つコツとして「少数派になる」事が大切です。私がデイトレードを始めた頃は「デイトレード」って言葉自体存在しないような時期でした。株価は現在のようにリアルタイムで見る事が出来ませんでしたし、寄り付き前の気配も個人投資家には見る術がありませんでした。

ザラ場中の売買板も1本しか見れませんでした。そんな状況でしたので、ある程度頭の中で売買板を予想しておく事で比較的に有利に戦う事が可能でした。

売買システムの反応も現在よりも格段に悪く、チャンス場面が長い時間存在していた時期でした。私の他にデイトレーダーらしい人は少数であったため、ライバルと言えば証券会社の自己売買部門のディーラーぐらいだったのです。

彼らは、私よりも投資余力が大きく売買手数料もかからないために時価総額の大きな流動性の高い銘柄では到底勝てないのですが、逆に流動性の低い時価総額の小さい銘柄にはほとんど手を出してこないので住み分けが可能でした。

その後ネット証券の普及が急速に進み、それに伴いデイトレーダーの数も急速に増加を続けました。また、売買システムも改善を続けた事で注文を執行するまでの時間が極めて短時間になってしまいましたのでチャンス場面が激減して行ったのです。

その結果、デイトレーダーの大半が1~3ティック抜き(買った値段の1~3円上で売る)をやるようになり、ザラ場の値動きが膠着状態になるようになりました。


(2)プログラム売買が主流になった。

これは東証のシステムが高速化して顕著になったのですが、とても人間の手では追いつけないような値動きをするようになりました。また、ソフトウェアを用いたロボット売買が登場して、売買板がまったく信用出来なくなりました。この結果、個人投資家がデイトレードで勝てる確率は相当低くなったと思います。

例えば、買い注文と売り注文の板が大きく離れている時に買い注文の先頭に並ぼうとしても0.01秒後にさらに前に並ばれたりする事が日常的になっております。

これでは買いたいタイミングで買えない事の方がどうしても多くなりますのでデイトレードで勝てる気がしなくなるわけです。

こんな事情もありまして、今では最初からデイトレード狙いの買いはほとんど入れなくなりました。中期的な目標で買った結果、偶然、即日噴いてしまって結果的にデイトレードになってしまった事ならありますが。

スポンサーサイト


2012/04/03(火) 私の投資姿勢 トラックバック:- コメント:0

ともぴょんの投資姿勢(2)

ブログランキングへのリンクです。


(06) 2004 ~ 2006

日本の金融危機からの立ち直り局面で株価は中期上昇波動を描いておりました。そのため適度に分散投資を行う事で安定的な利益を計上する事が出来た時期です。

しかし、資源株を中心に株価のピークアウトを肌で感じるようになりましたので、日本株投資から一時撤収ししばらくの間様子を見守る事に致しました。

そうする事で困ってしまったのが多額な住宅ローンの負担です。5.1%のローン金利の負担は相当大きかったのです。世間では低金利の住宅ローンに借り換えをするのが流行っておりましたが、私の場合は会社員として安定的な収入があるわけではありませんのでそのような芸当は無理でした。

そこで、考え抜いた結果、思い切って住宅ローンを完済する道を選びました。そうした事で住宅ローンに追われる生活からは解放されたのですが、せっかくITバブル崩壊の大ダメージからコツコツ増やした投資資金の大部分をローン返済に回す事になりました。

残った投資資金で生活が出来るのかとても不安な時期でありましたね。

(07) 2007~

このブログを何となく立ち上げた時期です。残存資金をフル活用して生活費を稼いでおりました。それまでは、ほとんど現物取引しか行っていなかったのですが、投資資金が少ないためやむなく信用取引も併用致しました。

信用取引を使い出したため、一瞬の油断が全投資資金を失う結果になるため、投資対象銘柄はより慎重になり、信用取引分については厳しいロスカットルールを適用致しました。

また、一年中市場に参加するのではなく勝てそうだと感じた時期だけピンポイントで参加致しました。私は、日本売りだと感じてしまう空売りは基本的に嫌いで実践しないのです。

(08) 2008~

何とか生活を続けられる程度に市場に参加してチャンスをずっと待ち続けていたところ、リーマンショックが発生して市場は大暴落致しました。

ようやく待ちに待った大チャンスが到来したと判断し、緊急時資金まで投入してファンダメンタルが良好な銘柄を中心に全力買いに入りました。

その結果、複数の銘柄で直近の最安値を拾う事ができまして、ようやく投資資金が回復に向かいました。やれやれ生活が破たんしなくて良かったです。

その後、昨年3月の東日本大震災の発生直前までコツコツと分散投資を行いながら投資資金を積み増して参りましたが、まったく現金を持っていない状態で大震災が発生致しましたのでその後の暴落で大変な目にあってしまいました。

幸い、その後一時的に大きくリバウンドした際に全投資資金を逃がす事が出来ましたのでその後、復興予算が本格的に決まる時期を見極めて昨年11月からまたほぼ全力投資状態に戻っております。

しかしながら、大規模な余震が発生するとまた震災直後の状態になってしまう可能性がありますので、今年に入り利益確定売りした資金を20%程度余力として残して置くように致しております。

本日現在日本株82%、現金18%の状態です。



FXの方は日本株一辺倒の芸の幅を広げようと2010年度に主に行いましたが、FXをやると夜でも深夜でも朝方でも取引が出来てしまうため慢性的な睡眠不足に陥るようになってしまいました。

そのため、現在では日本株投資の方を最優先し、FXを併用しないと生活できないような事態にならない限りはしばらくの間健康のために控える事に致しております。



2012/04/03(火) 私の投資姿勢 トラックバック:- コメント:0

ともぴょんの投資姿勢(1)

ブログランキングへのリンクです。


(01) ~1991年

この当時、両親、祖母、親戚のおじさん達が株式投資を実践しており日常の会話の中でも株式の話題が飛び交っておりました。そんな環境で育った私は誰に教わるわけでもなく自然に株式投資を覚えました。

大学生時代にせっせとアルバイトをして貯めたお金を軍資金として証券会社に口座を開いて細々と株式投資を始めた時期です。この頃はインターネットもなく株式の売買は店頭や電話での対面販売でした。

売買手数料がとても高かったので基本は買ったまま放置プレイでした。


(02)1992 ~ 1995

社会人になり給料やボーナスをもらえるようになりましたので余った生活費をどんどん証券会社の口座に入れて買い増しを続けていた時期です。しかし、元祖バブルが崩壊して日本株は長期下落モードに入っていたため日本株ではなくアジア向けの投資信託を中心に購入しておりました。

(03) 1996 ~ 1998

1995年に自宅マンションを35年ローンで購入致しました。今から振り返るとかなり無理をして背伸びをした状態での購入です。最近問題となっている住宅公庫の35年ゆとり償還を利用してました。

年間のローン返済額も年収の40%に達しておりましたし今から考えると何と無茶なローンを組んだものだと思います。ローン金利も5.1%と今と比較するととても高い金利で借りておりました。

マンション購入のためにほとんどの株式や投資信託を売却、解約し、頭金として利用致しました。そのため投資資金は100万円以下になり学生時代のような細々とした株式投資に逆戻り致しました。

(04) 1999 ~ 2001

この3年間が私の投資人生の中でもっとも激しい投資行動を行った時期です。情報化時代の到来を信じて購入していたIT関連企業の株が激しく上昇を始めました。

ITバブルが始まったのです。わずか半年余りの間に投資資金が10倍に増えました。また、この頃からインターネットを通じて売買可能なネット証券が続々と誕生した事もありまして、私も証券口座を大手証券会社からネット証券に移しました。

時はITバブルのまっさかりで、ネット株が一日の中でも10%~20%乱高下したり、6日連続でS高とか3日連続でS安とか当たり前の値動きが続いておりました。

社会人として仕事を続けながら相場の流れについていくのがほぼ不可能となった事や、ITバブルのおかげで当面の生活費に困らないぐらいの投資元本を得る事が出来た事、その当時の通勤時間が片道2時間半で体力の限界に達していた事から退職して専業トレーダーになる事を決意致しました。

この時期の投資スタイルは今から振り返るとめちゃめちゃです。若かったせいもあるのですがとにかく強気で安い銘柄を発見すると一度に全財産を投入してデイトレードを狙ったりしておりました。

現在とは異なり、1つの銘柄を1売買単位だけ購入するのにも数100万円必要だったのですよ。例えばソフトバンクの株価は10万円を超えた時期がありまして、最低売買単位の100株購入するのに1000万円必要だったわけです。

3000万円持っていても、3回までしか買い下がる事が出来ないのです。そんなわけで、毎日のように全財産を購入、売却を続けておりました。また、ネット株の流動性は現在とは比較にならないぐらい大きかったのです。

私の売買波長と市場の乱高下の動きが肌に合っておりましたのでこの時期投資資金はどんどん増えまして、この時期に人生最大の投資資金を持つようになりました。(その後のITバブル崩壊で溶けるのですが・・・)

(05) 2002 ~ 2003

ITバブルの恩恵で、当面何もしなくても住宅ローンを払い続けられるぐらいの投資資金を確保する事が出来たのですが、そんな夢みたいな時期がいつまでも続くわけがありません。

私はラウンドワン(現在も東証1部で上場中)とCSK(先日、住商情報と合併し上場廃止)の2銘柄で立ち直れないぐらいの大損をしてしまいました。

東京都内で立派なタワー型マンションの高層階の一室を購入出来るぐらいの大きな投資損失を計上してしまいました。その主たる原因は途中でロスカットせずに限界まで意地になって買い下がった結果によるものです。

株価がきれいな波を打っている時はある程度買い下がればその後の短期的なリバウンドで逃がす事が可能なのですが、残念ながらほとんど反発する事なくフラットに下げてしまったので全部つかまってしまったのですね。

この時期の辛い経験により、私はその後、分散投資、ロスカット等を本格的に実践するようになりました。また、株価の値動きを追うだけの銘柄への投資を控えるようになりました。そしてファンダメンタル面で割安な銘柄を探したり、高配当利回り銘柄や株主優待銘柄等の株主への還元を積極的に行う企業への投資を積極的に行うように変化していきました。



10年以上前の古い経験を記憶を辿って書いてますので若干時期がずれているかもしれません。
長くなりましたので、この続きはまた今度。



2012/04/03(火) 私の投資姿勢 トラックバック:- コメント:0


| HOME |

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。