FC2ブログ

株式ウエブサイトコンテンツ

ブログランキングへのリンクです。


管理人製作中のウエブサイトのコンテンツ一覧

株式投資の勝ち方
株式投資に勝つためにには・・・


最悪の投資法
株式投資で最もやってはいけない事


株式投資に必要なもの
株式投資をするのに最低限必要なもの


勝ち組の投資家になる
株式投資をするからには勝ち組になって下さい。


専業トレーダーの憂鬱
専業トレーダーを続けるのもなかなか大変なんです。


ポイントサイトを使う
新規口座開設はポイントサイト経由で作るのが常識です。


有料コンテンツの利用法
お金で時間を買うという考え方ですね。

スポンサーサイト


2007/04/14(土) はじめに トラックバック:- コメント:0

株の軍資金10万円を懸賞で貯める方法

ブログランキングへのリンクです。


株式投資を始めるのに軍資金が必要となりますが、10万円程度なら一度に限り捻出する事が可能です。

ともぴょんが趣味としているポイントサイトを利用してコツコツポイントを集めて行く方法もあります。(チリも積もれば山となる)

コツコツなんて面倒だから、サクっと貯める方法はありませんか?

・・・・と質問されたら一度だけなら一応ありますと答えておきます。

「懸賞a」と言うファンコミニケーション(2461)が運営する懸賞サイトです。

広告を利用する毎に10万円当たる抽選が行われます。広告を利用する回数が増えるほど当選確率が上がります。

最終的には100%の確率で確実に当たります。ですが、カードの作成が必要なのでこの技で10万円をゲットできるのは一度だけだと思います。



2007/03/13(火) はじめに トラックバック:- コメント:0

株式ブログ鉄の掟

ブログランキングへのリンクです。


本ブログを閲覧する際に守って頂きたい鉄の掟がございます。

(1)株式投資は自己責任である。
(2)・・・・たら、・・・・ればを言わない投資家になる。
(3)自分にピッタリのオリジナル投資法を身につける。

上記3ヶ条を守って頂ける方ならどんな初心者の方でもアドバイスさせて頂きます。

(1)誰かからアドバイスを受けた場合でも自分自身で考えた場合でもその結果は全て自分の責任だと言う事です。私はこのブログを閲覧した事で利益を挙げた方から一切の対価を求めません。その代わり、一切の責任も負いません。それが自己責任の原則です。そして自己責任が守れない人で投資に勝っている人も見たことがありません。

(2)たら、ればを言ってはいけない。何年株式投資をやっても全く勝てない人の半分はこのパターンです。一日の株価の流れの結果だけ見てあの時買って、あそこで売っていれば2万円儲かっていた・・とか。

毎日、毎日の投資結果を反省するのは大事な事ですけどね。

(3)株式投資に勝つ術は1つではありません。勝ちパターンは無数にあると言えます。私が以前、共に株式市場で戦っていた投資仲間達はいずれもオリジナルの勝ちパターンを持っていました。

実は株式投資はとてもメンタル的で個人の性格に大きく依存するところがあります。人間の性格なんて千差万別にありますよね。よって性格が無数にある以上、その性格にピッタリの投資術も無数にあるわけです。

裏を返すと自分の性格に全然合っていない投資術を覚えてもまったく意味がありません。

簡単な例を言いますと・・・

繊細な方に値動きの激しい株は向いていないと言う事です。朝100万円で買った株が10分後に95万円に下がってしまった。もう5万円損してしまったどうしよう・・・と目の前が真っ暗になって冷静な判断が出来なくなってしまうのです。

繊細な方には繊細な投資術が、逆に心臓に毛の生えた人には毛生え向きな投資術があります。

投資道とは己の性格を良く知ることでもあるわけですね。



2007/02/28(水) はじめに トラックバック:0 コメント:0

株式ブログを作ります

ブログランキングへのリンクです。


私は株式投資歴18年の『ともとも』と申します。その昔は株式投資は手数料が高く(1回の取引で1万円以上かかりました)デイトレをしたくても出来る環境ではありませんでした。

ところが10年ほど前にインターネット専業の証券会社が誕生しました。手数料も従来の1割程度に下がり、短期売買で利鞘を得る事が可能になりました。(それでも今よりも随分高いと思います)

そこで私は従来の中期投資+短期投資(デイトレ)を組み合わせたスタンスをとるようになりました。

後ほど述べる機会があると思いますが、株式投資で勝つ秘訣は『他人と同じ事をしない』『他人より少し先を走る』事だからです。

まだ誰も個人レベルではやっていないデイトレを先回りでマスターしようと思ったわけですね。当然、サラリーマンとして働きながら出来る事ではないので意を決して退職しましたよ。

今から振り返るとよくそんな勇気があったなぁと思います。当時は20代で若かったのです。



2007/02/28(水) はじめに トラックバック:0 コメント:0


| HOME |

| このページの上へ |