FC2ブログ

FXの税金

ブログランキングへのリンクです。


FX取引で得た利益に関する税制は株式投資と全然違うのでここだけは注意です。

株式投資の場合は分離課税です。特定口座で源泉徴収しても自分でまとめて確定申告しても分離課税です。

しかしFXの利益にかかる税金は総合課税の雑所得に分類されます。

サラリーマンの方ですと20万円の利益までは申告の必要がございませんが、それ以上になると確定申告の必要がありますでの注意して下さい。

FXを利用する方が今後さらに増えて、一般的な投資になると税制も変化するのではないかと予想しています。現時点では良心的な申告が前提となっているため、税務署のチェックが株式投資ほど目が行き届いていないようですね。

そのため、○億円脱税なんて事件が起きるのでしょう。株式投資の場合、まず、申告しなかったらバレル仕組みになっています。この点についても今後さらにチェックが厳しくなっていくものと考えています。

ポイントサイトげん玉・・・FX口座はげん玉から作ろう。

スポンサーサイト


2007/08/26(日) FXの税金 トラックバック:- コメント:0

FX:スワップ金利って何だ?

ブログランキングへのリンクです。


FX投資に関する、書物や記事を見ると必ず出てくる言葉の一つにスワップ金利がありますね。

これは、2国間の通貨の金利差の事です。

例えば、米ドルを購入すると日本とアメリカの金利差がスワップポイントとなります。

現在、日本は歴史的な低金利の状態が続いており、海外の通貨の方が金利が高い状態となっています。

ですから現状ではスワップ金利=利息のようなものと表現する事が可能となっています。

もし、日本語が今後、どんどん金利が上昇した場合には海外との金利差がどんどん縮小していきます。つまりスワップポイントが小さくなりますので金利差を狙ってFX投資をするメリットは小さくなるわけです。

現在、FXが騒がれているのはこのスワップ金利が大きいからだと私は理解しています。

例えば、アメリカとの金利差が4%とした場合、レバレッジ10倍で取引した場合には、10分の1の元本で購入できるわけですから、

4%×10倍=40%となります。

為替レートがまったく動かなくても年利40%の利益が得られてしまうわけです。これは素敵ですよね。

このようにスワップ金利だけでも収益が狙えますのでFX取引を行う方の中にはスワップ派が多いのです。

スワップ派の方にとって大切なのは為替が変動する事ではなく、日本の低金利がずっと維持される事でしょうか??



2007/08/26(日) FXの基礎 トラックバック:- コメント:0

レバレッジとは何だ?

ブログランキングへのリンクです。


レバレッジは日本語に直訳するとてこの原理だそうです。

レバレッジは投資元本の○倍の通貨が購入できるという意味です。


例えば、レバレッジ10倍であれば、10万円で10×10=100倍の資金の通貨を購入できるわけです。

この場合100万円分の通貨に対して10万円しか入れてませんから、元本の割合は10%です。

保証金10%だと言う事になります。

このレバレッジの幅は証券会社によって違います。大きいところでは200倍に設定できる証券会社もあります。(200倍はちょっとやり過ぎだとは思いますが・・・)

このレバレッジの幅を調節する事で少ない投資資金でも気軽に始められますし、大きな勝負をする事もできるわけです。

米住宅問題で、先日円が112円まで急騰しましたが、この時に、大勝負だぁって普段以上にリスクをとって頑張って見るとか、資金、用途、投資期間に応じて、その時々に合ったレバレッジを選択致しましょう。

私は、あまりギャンブル的な取引をしていませんので、3倍~10倍程度(FXの先輩であるかとちゃん様のアドバイスに従い)でコツコツやってます。

この程度であれば、トイレに行けないぐらい為替レートにしがみつく事もなく正常な日常生活を過ごせるのではないかと考えます。



2007/08/26(日) FXの基礎 トラックバック:- コメント:0

保証金取引とは何ぞや

ブログランキングへのリンクです。


FXと外貨預金がハッキリ違う点はFXが保証金取引である事です。

保証金取引とは、株式投資で言うところの信用取引に似ています。(金利面で異なります)

100万円分の外貨に交換する際に外貨預金の場合は100万円必要です。

ところがFXの場合はもっと少ない資金(5万円、10万円)で100万円分の外貨を購入する事ができてしまうのです。この点がFXが気軽に始められる点であり、また、ハイリスクと呼ばれる所以にもなっています。

100万円分の外貨が為替差益により120万円分の価値になった場合、外貨預金の場合は100万円の元本に対して20万円の利益です。

つまり20%の利回りとなるわけです。

ところがFXで5万円で100万円分の外貨を購入していた場合、5万円で20万円の利益を得られる事になります。

つまり投資元本に対し400%の利回りになるわけです。これがFXの人気の秘密であり、また○億円も脱税する主婦が誕生してしまう理由にもなるわけです。

ただし、投資に失敗すれば、ひどい結果になります。外貨預金の場合、為替差損で目減りする事はあっても全額失う事はその国がクーデターでひっくり返りでもしない限りはないでしょう。

しかしFXの場合、なくなってしまう場合があります。ですからハイリスクだと思われているわけです。

ただし、大きな誤解もあると思います。

FXの場合、リスクは自分自身でコントロール可能です。

5万円で100万円分の外貨を獲得した場合、失敗して5万円全額失ったとしても金額にすればたかだか5万円の損です。

率にすればすごいですが、金額にすれば、PS3を壊してしまった程度の損害です。


ところが100万円で5000万円分の外貨を購入していた場合は100万円を失うわけですよね。こうなると被害は甚大です。

このように、投資資金を調節する事でリスクを管理する手法もありますし、レバレッジを調節する事でリスクを管理する事も可能です。

FX=ハイリスク・ハイリターンではなく、リスクを自由に調節できるものと覚えておいて下さい。



2007/08/26(日) FXの基礎 トラックバック:- コメント:0

FX|外国為替証拠金取引とは何か?

ブログランキングへのリンクです。


FXと言う言葉をよく耳にするようになったと思います。最近でもニュース報道ででかでかと

○○の主婦がFXで○億円脱税・・・

○億円を脱税できちゃうほどFXって簡単に儲かるものなのでしょうか?

このブログは本来は株式投資のブログなのですが、最近、私自身がせっせとFX投資を行っている事もありまして、FX投資で学んだ知識も順に解説していきたいと思います。

まず、初回の今日はFXと言う言葉についてです。

FXはforeign exchangeの略です。

日本語では外国為替証拠金取引と呼ばれています。この文字の羅列が株式投資のように単純な言葉ではないため複雑な難解な投資だと勘違いをなさっている方が多いようです。

実際にやってみると一目瞭然なのですが、株式投資よりも選択の幅が狭くて単純だと思います。

では外貨預金と言う言葉はどうでしょうか?

これならまだわかりやすいですね。FXは外貨預金に似ています。日本の通貨である円を他国の通貨(ドル、ユーロ、リラ、ランド・・・)に変えて為替差益や金利差を利用したスワップ金利(利息に似ているかな)を得て利益を狙います。

外貨預金の場合は、海外の口座に預金をすると言う考え方になるため、手数料等がFXに比べて10倍ぐらいかかります。また、満期になる前に解約した場合元本割れする事もございます。

FXの場合は1日満期の預金を毎日繰り返しているようなものなので、市場が開店していればいつだって円に戻す事が可能です。

現時点ではこのような手軽さの面から外貨預金をするぐらいならFXをやるべしという事になるかと思います。



2007/08/26(日) FXの基礎 トラックバック:- コメント:0


| HOME |

| このページの上へ |