スポンサーサイト

ブログランキングへのリンクです。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--/--/--(--) スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

2013年2月の株式ポートフォリオ

ブログランキングへのリンクです。


例年、節分天井でこの時期は大型株を中心に値動きが重たい時期なのですが、今年はいつもと違う値動きでいろいろ戸惑ってしまいますね。

投資成績の方はぼちぼちです。ここ数日の急落、リバウンドの流れの中で久しぶりにポートフォリオを大きくいじりましたので最新ポートフォリオを報告致します。

01位 6059 ウチヤマホールディング

3Qの決算直後から急落致しましたので久しぶりにげげげーって感じだったのですが、ようやく小康状態を取り戻してくれたようです。おかげで総資産の方もピーク資産を更新致しました。やれやれです。

この企業は現在、介護施設建設に邁進致しておりまして、介護施設は開設後黒字化するのに時間を要する事から営業利益の頭を押さえている状態です。つまり先行投資期間であるわけです。

しかし、介護事業はこれから先10年程度は成長が予想されるので、これからも主力として見守っていくつもりです。

02位 8053 住友商事

保有銘柄の中では唯一の大型株ですが、いまいちな値動きです。最近は回転売買をやってます。

03位 9824 泉州電業

バリュー株ですので放置です。

04位 3271 THEグローバル

先日、完成物件の受け渡し時期の遅れによる期ずれを主因とした悶絶下方修正により暴落しましたので十分利が乗っていたスターツやJHRを利食いしてこちらに乗り換えました。

来期は期ずれした分が大幅増益要因になりますし、販売分につきましては完売物件も多くそれほど心配してはおりません。このまま来期決算発表時期まで保有します。

05位 3172 ティーライフ

何となく利回りが高いので

06位 9384 内外トランスライン

円安メリット銘柄です。

07位 4929 アジュバンコスメ

先日発表された優待が他の銘柄よりもしょぼかったのでいまいちな値動きでした。



ここ数日の市場全体の激しい値動きの中で十分利が乗った銘柄や値持ちが良かった銘柄を一気に外してしまいました。4290PIについては失敗した感じです。ここも先行投資期間で目先の業績は重たいのですが、これから数年先期待できる銘柄なのですが、つい、全然下げてないので外してしまったら逆に上がってしまいました。

これは痛かったです。

あおぞら銀行の大株主の売りに乗じて大量飛び乗りする予定がギリギリ仕込めず、毎年恒例のアドバンスレジデンスの公募増資発表のタイミングで大量に購入したのにその後のリバウンド局面で回転利食いしたらそのまま置いていかれたのが痛かったです。

なかなか予定通りにはいかないものですね。

スポンサーサイト


2013/02/20(水) ポートフォリオ トラックバック:- コメント:1

2013年1月の株式ポートフォリオ

ブログランキングへのリンクです。


相も変わらず投資環境は良好ですね。私の方もじりじりとピーク資産を日々更新中となっております。しかしながら不意打ちの余震の発生リスクが怖いので現金比率をほぼ50%前後に設定しているため総資産は日経平均やTOPIX等の指数の上昇率についていくのがやっとの状況です。

まぁ、災害リスクを考慮している分だけ全力投資と比べてリターンが落ちるのは致し方ないですね。



01位 6059 ウチヤマHD

急騰した円安メリット株や統合ネタで先日S高したアイディホームを利食いした資金を集中致しました。ウチヤマHDのビジネスモデルを調査すればするほど気に入ってしまいまして、また介護事業に関してはあと10年ほど高齢者数の増加が見込めますので今後数年間は主力株としてポートフォリオ上位に配置しようと考えております。

現在、総資産の14%を集中投資中です。

02位 9824 泉州電業

東証2部の不人気銘柄という事で明らかに株価が出遅れておりますので買い増しを続けて2位となりました。

03位 4290 PI

東証2部上場時の大株主の売り出しをこなすために株価が低迷致しておりました。明らかに出遅れているので他の銘柄を利食いした資金をこちらに回し保有比率を高めております。大規模な設備投資中のため直近の利益水準は低迷気味ですが、投資が一巡した後は再度成長路線に回帰しそうです。そのためやや中期で回転するのも良さそうです。

04位 4636 T&KTOKA

東証1部昇格待ち。

05位 8979 スターツプロシード

ケネディクスレジデンスが急騰しましたのでこちらに移動致しました。ケネディクスレジは今回の配当落ち後、次回は固都税の影響で配当水準が下がる事と、有利子負債比率が高くいつ増資が実施されてもおかしくない事から乗換を行っております。

06位 9384 内外トランスライン

優待権利落ち後、他の大型の商船株が出直りつつある事から物色の順番がそのうち来ると判断して買い増しを行い保有比率を高めました。

07位 4929 アジュバンコスメジャパン

株主優待設定待ちです。優待が設定されれば同業他社並みのPERで評価されると考えておりその日を楽しみに致しております。

08位 8283 Platac

公募増資の影響で株価が低迷致しておりましたので出遅れ物色待ち。

09位 8053 住友商事

資源関連は出遅れセクタ

10位 8945 日本社宅サービス

ようやく辺境小型株にも物色の手が回ってまいりました。

11位 4708 もしもしホットライン

今年も参議院選挙がありますし・・・

12位 4966 上村工業

保有していた昭和飛行機が急騰してしまいましたのでここと杉村倉庫に乗り換えました。

13位 7433 伯東

そのままホールド

14位 1723 日本電技

ウチヤマHDに資金を移動。

15位 5018 MORESCO

年末に出遅れていたので買いました。

16位 6068 P&P

月次が悪いので積極的には買えない。

17位 9307 杉村倉庫

土地の含み資産銘柄が順番に噴いているので辺境のここにもいずれ物色の手が来るだろうと先回り買い。

18位 9438 エムティーアイ

何となく利回りが高いのでちょっとだけ。

19位 2128 ノバレーゼ

権利落ち後、買い増しするタイミングを待ってますが、同業他社と比べて何となく見劣りするのでこのままにするかもしれません。

20位 8985 ジャパンホテルリート

配当権利落ち直前に利食いした後、全然下がらなくて買い増しが出来ません。これは失敗したかも



2013/01/08(火) ポートフォリオ トラックバック:- コメント:1

2012年もあと少し

ブログランキングへのリンクです。


見事なまでの安倍相場ですね。こんな時、日経平均に採用されるような東証1部の大型直球銘柄を保有していないと寂しい気分になりますね。しかし、この水準から飛び乗りするようでは高値掴みの予備軍となってしまいますので蚊帳の外の内需関連株を買い増ししております。

本格的な出直り相場となるのであれば循環物色で内需株もいずれ上がりますしね。

1位 4636 T&KTOKA

東証2部銘柄なので先物買いを中心とした今の爆上げ相場にはついていっておりませんが来春東証1部昇格期待銘柄ですし、アイケイケイのような先回り買いが来年入ってくると予想しております。このまま持続です。

2位 4929 アジュバンコスメジャパン

今更急騰した輸出関連大型株に飛び乗りしたくありませんのでいろいろ悩んだ結果この銘柄を一気に買いました。購入理由は東証2部への新規IPOだった事もあり不人気で株価が上昇していない事、同業他社のミルボンと比較して指標的に割安な事、さらにHPを眺めていたら株主優待のコーナーが作成されていて検討中と記載されていた事です。

この業界の株主優待は高額優待の可能性が高いので実際に発表されれば急騰すると予想しています。そして高い確率で来年3月までには優待を新設すると予想して蚊帳の外で上がっていない時期に先回りしてまとめて買いました。

3位 9824 泉州電業

東証2部銘柄なので動いてません。しかし、資源関連株の商社株が本日から動いて来ましたのでそのうち順番が来るだろうと放置します。

4位 1723 日本電技

地味な会社なので微動だにしませんが、この会社の計装技術はこれからの省エネ時代に役に立つと思ってます。

5位 6059 ウチヤマHD

これまた内需銘柄ですが、介護事業の今後の伸びを期待して新規購入しました。既にある程度上昇しているツクイではなくジャスダックで全然上がっていないこちらの方が将来性がありそうです。施設をリースする手法もなかなか賢いと思います。

6位 8945 日本社宅サービス

マザースが循環物色されれば動く日もあるでしょう。キャッシュフローの範囲内で先行投資しており現在の利益水準が低いのですが配当水準は維持するらしいのでこのまま中期で持続します。

7位 3278 ケネディクスレジデンス

やはり1月配当銘柄としての配当買いが入ってきました。リートとしては規模が小さいし、いつ増資が発表されてもおかしくないほどLTVがパンパンですが、少なくとも1月の配当権利日までに発表する事はさすがにないでしょう。リートとしては不人気なのでその分配当利回りが高いのが魅力です。

8位 7722 国際計測器

円安メリット株なので遅れて物色されそうです。

9位 4290 プレステージ

内需株と言う事で蚊帳の外、もしもしホットラインもじり安ですし・・・でもこう言う時にコツコツ拾うべきなのでしょう。

10位 3161 アゼアス

利回り高いので下値は拾います。

11位 8985 ジャパンホテルリート

12月の配当権利が落ちたら買い増ししたい。

12位 8053 住友商事

数少ない大型主力銘柄なので持続。

13位 3274 アイディホーム

不動産関連銘柄は消費税増税の前に駆け込み相場があると思うので12月の配当権利が落ちたら買い増しします。先日の決算により今期予想配当が減配されるリスクがありますし。

14位 7433 伯東

数少ない東証1部銘柄ですし、底値からそれほど上昇してもいないのでこのまま持続します。

15位 7456 松田産業

資源関連株なので出遅れてますね。底値から全然上がっていないので放置でしょう。

16位 3269 アドバンスレジデンス

増資等で下落チャンス待ち。

17位 3036 アルコニックス

今から思えばもっと大量に買っておくべきでした。このまま放置。

18位 6068 P&P

月次がパットしないので本日の232円で半分売却。

19位 9384 内外トランスライン

優待落ち待ち。

20位 2128 ノバレーゼ

優待落ち待ち。



年内は保有量の増減はあれどこのポートフォリオが大きく動く事はないでしょう。



2012/12/20(木) ポートフォリオ トラックバック:- コメント:0

2012年12月の株式ポートフォリオ

ブログランキングへのリンクです。


2012年もいよいよ残りわずかですね。今年は投資利回りとしてはITバブルの時以来の投資パフォーマンスとなりました。その意味ではほぼ満足な一年であったと言えるのですが、衆議院の解散をきっかけとした最近の株式市場の活況には少々乗り遅れた感がありますね。

01位 4636 T&KTOKA

おそらく相当高い確率で東証1部に昇格すると予想致しております。

02位 9824 泉州電業

他の銘柄が底上げするなかで全然上がらなかったので出遅れと判断して一気に購入しました。

03位 1723 日本電技

おそらく、上方修正&増配すると予想して。出遅れ銘柄に乗り換えていった結果3位まで買い増ししてしまいました。

04位 8945 日本社宅サービス

これまた出遅れ高配当銘柄として新規購入致しました。営業キャッシュフローの範囲内で投資を行っているために利益水準が低いようですが、配当水準は維持する方針のようなので・・・・

数日前に朝の寄り付きから1万株の成り行き売りが出たので一気に拾いました。他の高配当銘柄が5%ラインを割る水準まで株価が上昇しつつあるので、貴重な利回り5%超銘柄です。

05位 3278 ケネディクスレジデンス

1月配当のJ-REITです。負ののれんもないし、地方物件も多いし、LTV(有利子負債比率)も高くて購入余力が乏しいし、そのうち増資しそうだし・・・・・等の理由で他のJ-REIT銘柄のように上昇しておりません。1月配当銘柄なので短期的に物色される可能性もありますし、固定資産税、都市計画税が来期以降かかる事を考慮しても巡航6%ラインであるため購入致しました。

06位 7722 国際計測

PF上位銘柄を利食いしたので順位が上がりました。

07位 3161 アゼアス

財務良し、除染活動は当分続くので急激に業績が悪化する心配もないので乗換資金で拾いました。

08位 8985 ジャパンホテルリート

24000円ラインに到達したので中期保有分を除いて利食いしました。12月一括配当銘柄なので権利落ち後軟調になると予想しておりその時に買い戻すつもりです。

09位 7404 昭和飛行機

往年の不動産含み益銘柄です。簿価の低い広大な不動産を開発して賃貸収益を伸ばしてます。でも本業が赤字なので株価水準は低いです。

アベノミクスでリフレ政策となれば不動産大量保有企業が注目されるので組み入れて見ました。

10位 3274 アイディホーム

タクトホーム→サンヨーハウジング名古屋→アイディホームと出遅れ不動産銘柄に乗り換えてました。しかし、下方修正を食らい1900円水準まで下げたので大量のナンピン買いを強いられました。そのため数日前までPF1位の保有率だったのですが、本日ようやく急落前の水準まで回復したため利食いをかけました。

この銘柄で捕まらなかったらもうちょっと年末の投資パフォーマンスは良かったと思うのですがまぁ損しないで済んだので良かったです。

11位 8053 住友商事

資源価格の低下もあり大手商社株はそれほど値上がりしていないので出遅れ購入策として打診買いしました。

12位 8031 三井物産

住友商事との分散買い。

13位 7433 伯東

配当利回り高く、財務もまずまず。

14位 6068 P&P

数日前まで出遅れ銘柄としてPF3位になるまで買ってましたが昨日噴いたので利食いしました。さらに昨日発表した月次売上がとても悪いので本日、さらに売却を進め持ち分を減らしました。

今後、株価水準を下げるようならコツコツ買い戻すと思います。

15位 7456 松田産業

資源関連銘柄は総じて出遅れているので打診買いしました。

16位 3269 アドバンスレジデンス

株価が随分上昇して相対的に魅力がなくなったので一気に利食いしています。いずれ増資を発表して株価が下がる時もあると思うのでウオッチ分だけ残してます。

17位 3036 アルコニックス

資源関連が出遅れておりましたので大量に拾ったのですが、本日、一気に利食いしました。もともと深く研究した銘柄ではないので・・・・ウオッチ分だけ残ってます。

18位 9384 内外トランスライン

優待落ちしたら買い増ししようかな。

19位  2128 ノバレーゼ

毎年、12月が高いので(優待あるからかな)権利落ち後買い戻す事にして利食いしてます。



総選挙前にある程度利益が乗った銘柄は利食い致しましたので現金比率が今年最大で66%となってます。先日、やや大きい余震もありましたし、リフレ政策だから全力株式投資という気分にもなれないこの頃です。

おそらく、今年はこのまま現金温存で様子を見ると思います。置いていかれなければ良いのですが。



2012/12/14(金) ポートフォリオ トラックバック:- コメント:0

2012年10月の株式ポートフォリオ

ブログランキングへのリンクです。


消費税の増税がほぼ決定した事で事前に予想していた不動産駆け込み相場がスタート致しました。そのおかげでピーク資産を更新中です。

底値から随分上昇したタクトホームは全株売却し、全然上がっていなかったサンヨーハウジング名古屋にシフト致しました。

またP&Pが再上場した事をきっかけに訳わからない上昇劇を演じたのでありがたく噴き値で全株売却後、本日から買い戻しをスタートさせました。買い下がっていたのでこれはおいしかったです。


01位 3269 アドバンスレジデンス

最近は回転売買を行ってます。負ののれん銘柄なので安心して大量買い出来ます。

02位 8985 ジャパンホテルリート

公募増資を実施して下げたところで買い増し致しました。日中問題でホテル銘柄はネガティブ要因ですが12月配当銘柄なのでここは買いでしょう。

03位 3279 API投資法人

上位3銘柄がいずれもJ-REITとなってしまいました。タクトホームを利食いした資金を回しました。11月配当銘柄ですし、他のREIT銘柄と比較して上昇幅が小さかったので新規買いしています。

04位 8904 サンヨーハウジング名古屋

タクトホームを利食いした資金をシフト致しました。

05位 2128 ノバレーゼ

特に買い増しをしたわけではありませんが上位銘柄を利食いしたため相対的に順位があがりました。

06位 7433 伯東

久しぶりに株価をみたら下がっていたので買いました。

07位 6068 P&P

買い下がりを続け、ポートフォリオ1位になっていたのですが、再上場後いきなり噴いたので全株利食いした後、本日急落したので買い戻しを開始。

08位 8966 平和不動産リート

11月配当銘柄。日経平均はじり安ですが、不動産、およびリートは上昇しているので助かってます。

09位 4901 富士フィルム

何となく安いので買ってますが、今は上がる気がしない。じり安をこつこつ拾います。

10位 4722 フューチャー

足元の業績は悪いらしい、しかし減配しなければ配当利回り5%超ですし、12月配当銘柄なので12月に上がります。

11位 7558 トーメンエレクトロニクス

安くなっていたので何となく伯東とセットで買ってしまった。

12位 2117 日新製糖

これはバリュー株、3月一括配当銘柄なので9月中間配当銘柄の権利落ち後資金を移動しました。

13位 7722 国際計測器

配当落ち後、中国問題で自動車関連銘柄が急落したので拾いました。

14位 4636 T&KTOKA

株主優待を新設したり明らかに東証1部を狙っているので買ってみました。

15位 7874 レック

最近、増資ばかりするので減らしました。

16位 8031 三井物産

1100円を割れていたので拾ってみた。

17位 3607 クラウディア

何となく安いので打診買い。

18位 6907 ジオマテック

これまた何となく安いので打診買い。この銘柄は株価の変動が大きいのでもっと下がるかもしれない。

19位 3405 クラレ

10年ぶりぐらいに買ってみた。配当利回り4%ラインを超えていたので、しかし他の化学株も死んでいるので打診買い程度。

20位 4926 シーボン

打診買い。

21位 8127 ヤマトインターナショナル

下方修正で株価が下げていたので打診買い。

22位 4464 ソフト99

これまた久しぶりに打診買い。バリュー株投資の一環。

23位 7646 PLANT

実はまとめ買いをするためによく利用しているスーパーセンター。いつ行っても混んでます。

24位 2769 ヴィレッジヴァンガード

下方修正後のストップ安時に一度投げました。今年唯一の大幅損切り銘柄となり、マーチが1台買えるぐらいの損切りとなりましたがさらに下がるので3分の1ほど買い戻しました。直近発表の月次売上が回復傾向にある事で本日上がっていたので一時利食いしました。下げたら買い増し致します。

25位 7291 日本ブラスト

中国問題の影響で自動車関連銘柄はどれも駄目ですが、程よく下がった銘柄が増えて来ましたのでウオッチ目的で打診買いしています。



個人的にはヴィレッジヴァンガードの急落がとても痛かったのですが、その他は不動産関連銘柄で固めていた事が幸いし、ポートフォリオ全体はプラスに推移致しました。




2012/10/09(火) ポートフォリオ トラックバック:- コメント:1

ようやく復活

ブログランキングへのリンクです。


この二ヶ月間、部屋の大掃除をしたり、ダイエットに励んだりしながら株価の回復を待っておりましたがようやく年初来高値水準まで回復致しました。いや~しんどかったですね。

特にヴィレッジバンガードが予想以上に下抜けてどどーんと下げてしまったのには参りました。さすがに下げ過ぎだと判断して投げずに辛抱致しましたが。



01位 3269 アドバンス・レジデンス投資法人

7月配当銘柄のおかげか年初来高値水準まで回復致しました。

02位 2769 ヴィレッジヴァンガード

もともと外国人売りが続いており需給が悪かったところに月次売上が悪化して株価は急落致しました。この銘柄だけいまだに10%弱の含み損を抱えております。

03位 2426 P&P

17000円台で買い増しをかけた事もあり含み益となりました。

04位 8966 平和不動産リート

リートや不動産関連が堅調なのでほぼ含み損が消えました。

05位 8915 タクトホーム

含み損がほとんど消えました。

06位 7722 国際計測器

含み益に転換。

07位 2492 インフォマート

安定持続中

08位 4972 綜研化学

含み損が消えました。

09位 8915 ジャパン・ホテル・リート投資法人

含み益が随分乗ってます。

10位 4568 第一三共

ジャパン・ホテル・リートを利食いした分、こちらを損切りし持ち高を減らしました。

11位 2128 ノバレーゼ

配当落ちした分だけ含み損。どこかのタイミングで買い増しをするか検討中。

12位 8875 東栄住宅

一気に、含み損から含み益に転換したので利食いをかけました。

13位 7819 SHO-BI

安定持続中。




一時期は400万円ぐらいの含み損を抱えてまったく動けなかったのですが保有株の大半が不動産関連株で占めていたのが幸いしてヴィレッジヴァンガード以外の銘柄はほとんど含み損が消えました。

最近ではアドバンス・レジデンスの大量デイトレで地道に利益を積み重ねなんとかピーク資産まで戻すことに成功致しました。やれやれです。



2012/07/03(火) 株式投資日記 トラックバック:- コメント:2

2012年5月9日の株式ポートフォリオ

ブログランキングへのリンクです。


引き続き頑強に下げないで粘っている銘柄を利食いして急落した銘柄を拾う作業を継続致しております。本日はザラ場中はせっせとお部屋の夏モードへの模様変え掃除を行っていたのですが、大引け直前に全体の株価をチェックして瞬時にアドレジを利食いしてヴィレッジヴァンガードを買います事を決断致しました。



01位 3269 アドバンスレジデンス投資法人

13口ほど利食い致しました。それでもダブルスコア以上でポートフォリオ1位です。もともと公募の影響で投資口価格が低迷しておりましたのであまり下げる余地がないのだろうと思います。

02位 2769 ヴィレッジヴァンガード

二日続けてスコーンと下げてしまいましたので緊急買い増しを行いました。その結果、ポートフォリオ2位まで躍進致しております。外国人売りを個人の信用買いで対抗している図式になっておりましたので急落してしまったのはやむを得ないところでしょう。

03位 P&P

現状維持。決算次第です。

04位 8985 ジャパンホテルリート投資法人

現状維持。ここは割安なのであまり安易に利食い売りしたくないので我慢してます。

05位 8915 タクトホーム

消費税増税が成立すると不動産駆け込みブームが来ると思っているのですが・・・・

若い世代ほど消費税増税は反対だと思うのですが、自分達が受け取っている間に年金が破綻されては困るので高齢世代は賛成に回ると思ってます。逆に若い世代はデフォルトすれば良いって思っている方が多いようですね。

06位 8875 東栄住宅

現状維持。

07位 8966 平和不動産リート

現状維持。

08位 2492 インフォマート

現状維持。中期保有なので目先の下げにはどうじません。もう一段下げたらさすがに買い増し致します。

09位 4568 第一三共

現状維持。

10位 4972 綜研化学

現状維持。

11位 3166 クロタニコーポレーション

現状維持。

12位 7722 国際計測器

現状維持。

13位 1723 日本電技

現状維持。

14位 2128 ノバレーゼ

現状維持。

15位 6757 OSGコーポレーション

現状維持。

16位 4644 イマジニア

現状維持。

17位 7819 SHO-BI

現状維持。




2012/05/09(水) ポートフォリオ トラックバック:- コメント:0

騰落レシオがついに70%割れました。

ブログランキングへのリンクです。


本日は、ようやくコタツの毛布を外して夏モードに致しました。私は、春から秋は机の上で冬になるとコタツにパソコンを移動して株取り引きを行っております。ようやく夏モードに移行です。

相場を見ていてもつまらない日は思い切ってお部屋の大掃除をするのも良いですね。おかげ様で私のお部屋はすっかり小奇麗になりました。



さて、相場の方は相も変わらず個人の投げ待ちの状況が続いております。1万円超えで買った人はまさかここまで一気に転落するとは思ってもいなかった事でしょう。私がテクニカルを軽視するにいたった理由がおわかりになって頂けると思います。

チャートにこだわると逆手に取られてやられてしまう時代になってしまっているわけですね。



さて、東証の騰落レシオの方は65.9%まで低下致しました。一般的に70%を割れると底打ちと言いますので後はきっかけ次第でいつでもリバウンド出来る位置まで来たと言う事でしょう。そのきっかけは1万円超えで飛び乗った方々が耐えきれずに投げさせられるタイミングです。これは間違いないでしょう。

松井証券の信用評価損益率も-16%を超えているようです。そのためヴィレッジヴァンガードのような信用取り組みが悪い銘柄については下げ幅が拡大致しております。

私は、以前投資方針で述べたように基本的には信用取引は使いませんのでこの局面を静観致しております。追証売りが炸裂するタイミングで売り筋の買い戻しが入るのだろうと思ってます。



2012/05/09(水) 株式投資日記 トラックバック:- コメント:1

2012年5月8日の株式ポートフォリオ

ブログランキングへのリンクです。


ポートフォリオ全体が下げて行く中で頑強なほど底堅かったサンヨーハウジング名古屋を利食い売りしてアドバンスレジデンスとヴィレッジヴァンガートを買い戻し致しました。



01位 3269 アドバンスレジデンス投資法人

買い増し。

02位 2426 P&P

買い増し。

03位 8985 ジャパンホテルリート投資法人

買い増し。

04位 8915 タクトホーム

現状維持。

05位 8875 東栄住宅

現状維持。

06位 8966 平和不動産リート

現状維持。

07位 2492 インフォマート

現状維持。

08位 2769 ヴィレッジヴァンガード

前回利食い位置より1万円弱下げたので一気に買い戻し。

09位 4568 第一三共

現状維持。

10位 4972 綜研化学

現状維持。今期、減配しませんように。

11位 3168 クロタニコーポレーション

現状維持。


12位 7722 国際計測器

現状維持。今期、減配しませんように。

13位 1723 日本電技

現状維持。

14位 2128 ノバレーゼ

現状維持。

15位 6757 OSGコーポレーション

若干買い増し。

16位 4644 イマジニア

現状維持。

17位 7819 SHO-BI

現状維持。




いつの間にやら15銘柄が含み損となっております。インフォマートに大幅な含み益がありますのでトータルではそれほど含み損はありません。

利食い済み分の確定利益の方は既に過去5年で最大となっておりますので、このペースで行けば、今年は例年の3倍の利益を得られる計算でしたが世の中そんなに甘くはありません。

含み損銘柄が増えてきた事もあり、しばらく動けない状態が続くのだと思います。

 



2012/05/08(火) ポートフォリオ トラックバック:- コメント:0

こうして個人投資家は投げさせられるのです。

ブログランキングへのリンクです。


米雇用統計の悪化、フランスの17年ぶりの政権交代、ギリシャの選挙・・・といろいろ悪材料が重なっての大下げと解説されておりますが、それにしてもここまで一気に下がるほどの悪材料かなと思います。

フランスやギリシャの選挙については事前にこうなる事はある程度予想されておりました。米雇用統計についても悪くなったらなったでQE3がスタートするわけですし。


やはり、一番大きな下げの理由は日経平均が1万円超えたタイミングで飛び乗ってしまった個人がその後の調整局面でせっせとナンピン買いをしてしまったためではないかなと思います。

現物で買われた方はそう簡単には投げないと思いますが、デリパティブ全盛の昨今では個人でも簡単に先物を売買できるようになっておりますので指数先物に手を出した方はこの下げはちょっとキツイでしょうね。同様に現物ではなく信用でナンピンしてしまった方もぼちぼち追証が気になる水準でしょう。

下げの最終段階で投げたくなるようなネタが出てとどめを刺されるのだろうなとは思っておりましたがやはり個人が投げさせられる歴史は続くようです。

外の天気も良いのでこんな日はあまり場に張りつかないで散歩でも楽しむ事にした方が良さそうです。



2012/05/07(月) 株式投資日記 トラックバック:- コメント:0


| HOME |

| このページの上へ |» 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。